早朝のパサールクタ【後編】

先日、市場は日本のお正月を感じさせるという記事をだしましたが、

早朝のパサール・クタ【前編】その後編でございます。

本日は市場の端っこにあるお寺から観ます。

クタ市場で働く人も参拝します。

DSC_4012 (2)

結構かっこいいのですが

ちょっと壊れているのですが

街のど真ん中の道路の曲がり角にあります。

DSC_4024 (1)

クタ市場の下写真の

ごとく道路側に樹木が美しかったのですが、

先週あたりに、この樹木全部きられてしまいました。

DSC_3680

夜はそれほど感じませんが、

朝から異様にまぶしく、

昼は日陰がなくなり、

ちょっと風情が残念でした。

DSC_3683

果物屋さんで買い物

3個でいくら?

DSC_3727 (1)

早朝のクタ市場は活気があります。

DSC_3704

チャナン用の綺麗な花びら

DSC_3735 (1)

マリーゴールドはヒンドゥー教では重要・・・・たぶん

DSC_3788 (1)

完成して売られているチャナン

もちろん材料のみの購入で

自分でつくる方が安い

最近はより、完成品のチャナンの割合が増えているそうです。

DSC_3554 (1)

地鶏の卵

DSC_3744

こちらは市場の室内

DSC_3749

クタ市場の建物はかなり古いのです。

結構むかしのまんまだそうです。

DSC_3751

こちらはエシャロット

DSC_3768

チリ

DSC_3773

こちらはバリチリ弊社のトレードマーク

DSC_3763 (1)

毎日、市場で働くおかあさん

DSC_3810

クタ市場の室内の半分くらいは、かなり刺激的な臭いがする。

DSC_3821

毎日、クタ市場で働く精肉のおとおさん

DSC_3826

独特な雰囲気

早朝に、はだか電球。

DSC_3834

長年市場に努めるおかあさん

タオルが板につきすぎている。

DSC_3804

こちら神具の材料

DSC_3861 (1)

こちら小魚の乾物

DSC_3871

こちらも魚の乾物

DSC_3882

野菜たち

DSC_3887

野菜のおねえさんと値段の掛け合い

DSC_3919

精肉のおかあさん

すぐ真上に

1件1件神棚がある。

DSC_3922

こちらは長いタイプの線香

これはよい香がする。

DSC_3942

切り身のパパイヤ

DSC_3955

スンバヤンで使うお供えもの

DSC_3959 (1)

道路側ではたらくおかあさん

DSC_3963

紫陽花

DSC_3966

チャナン用のいろんなお花

DSC_3978

毎日市場で働くおかあさん

DSC_3982

完成品のチャナン

DSC_3987 (1)

のアップ

DSC_3995

どこの市場でも必ずサテは

売っているので食べよう

こちらはリリット

DSC_4002

バリ人は辛いサンバルがお好み

DSC_4004

こちらも完成品のチャナンを売る

DSC_4027

こちらは焼き鳥サテ

DSC_4032

長い間ク市場を見守るサンガ

→早朝のパサールクタ【後編】
DSC_4046

→クタ散策ならバリチリのチャーターカーですね。

93992617[1]

バリ島のオプショナルツアーならバリチリへどうぞ!

関連記事

  1. ブドゥグルのバリ植物園とチャンディ・クニン市場のご紹介

  2. 伝統的なバリ島の村【パンリプラン】のご紹介

  3. タマン・ウジュンのご紹介

  4. ウルン・ダヌ・ブラタン寺院のご紹介

  5. クヘン寺院のご紹介

  6. スマラプラ王宮のご紹介

電話、LINEでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0812-4750-4310
LINE ID : balichili2 (メッセージのみ)

電話、LINEの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング