「新型コロナ」ワクチン接種をするべきか?に関して個人的見解、のブログ抜粋記事

バリ島の道路2

ブルームバーグが報じたもので、新型コロナウイルスのワクチン接種率が世界で最も高いセーシェルで、感染者数が7日までの1週間で2倍以上に増加した。これによりセーシェルは再び、昨年12月以来の厳しい制限措置を導入した。これにより、今後セーシェルはワクチンの効果や集団免疫に関して、注目すべき国となりました。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-05-10/QSWCFGDWRGG101

ワクチン接種率の高い国(収束している可能性もある)

  • イスラエル(ファイザー製)必要回数56.1%
  • イギリス(ファイザー製とアストラゼネカ)1回目を53%
  • セーシェル(中国製とアストラゼネカ)必要回数61.1%

コロナウイルスに現在感染中の人数が2486人に達し、そのうち37%は2回のワクチン種を済ませていたと発表した。ワクチンは中国製とアストラゼネカで、全体でもも57%が中国製である。これはまず、接種していない人間がより多く感染しているということ、また、中国製やアストラゼネカの2回接種後であっても、数ヶ月後に一定数は再感染が起こってしまった、可能性が高い残念なニューズです。今回のブログでも中国製ワクチンの有効性は50%程度である可能性を言及しましたが、今後、セーシェルからのデータから、中国製とアストラゼネカのワクチンの有効性と有効期間などが予測できるかもしれません。

このニューズで危機を感じるのは、ワクチン接種60%を超える国であっても、何らかの原因によって、再び感染拡大してしまう可能性が出てきたことです。①接種率がもっと高ければ収束できるか?②ワクチンの種類によって有効性が低いか?③ワクチンの有効期間はどれくらいか?思ったより短いのでは?など、今後貴重なデータが出る可能性があります、、、、

「新型コロナ」ワクチン接種をするべきか?に関して、現段階での個人的見解

 

写真集「BALINESE」※PCでの色彩閲覧をお勧め

疫病・恐慌・戦争・革命・飢餓・未知なる世界に突入

関連記事

  1. 祈り

    突如、インドネシアは世界最悪の感染国家に、長期化の懸念、アジア変異種同時急拡大から世界的深刻化へ

  2. ガルンガン早朝の祈り

    「米中冷戦と第三次世界大戦」2022年9月21日、ゆっくりと長期に及ぶ【キューバ危機】の再来がスタートした可能性が高い。核兵器未使用であっても、ヨーロッパや中東から【第三次世界大戦】など大規模戦争に発展する可能性について

  3. クタビーチのツーリストたち

    6月7月より、環境が整えば、クタ、サヌール、ウブド、ヌサドゥアなど一部地域に観光再開

  4. ガルンガンの朝のお祈り

    第三次世界大戦と全面核戦争の危機「ウクライナ侵攻から21世紀のキューバ危機へ」「世界は新冷戦もしくは第三次世界大戦の冷たい戦争か熱い戦争に突入」「G20がバリ島開催 【Nyepi day】を首脳会議で提案」「日本の自主防衛と核武装議論と安全保障政策」

  5. 近くて遠い街【デンパサール】に、ようこそ!

  6. ランプヤン寺院

    お客様のご感想「ちょっとまとめ版」

電話、ラインでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0822-4750-4310
ラインID:balichili-travel
電話、ラインの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング