ポピーズ2(ドゥア)ビーチからの入口。少なくとも20年以上変わらない佇まい

ポピーズ2入口

上記写真は、ポピーズ2(ドゥア)のビーチからの入口。少なくとも20年以上変わらない佇まい。ビンタンのタンクトップはスーパーベスト定番。水着、雑貨、建物もそのまま、本当に変わらない、タイムマシンだ。ガンポピーズ2通りは、古いガイドブックには、バリ島の不夜城として危険・不法のイメージが強く、「アジアの魔窟」と言われた時代があった。
_DSC9799
ちょと前まで世界中からサーファーが集まってきた。ポピーズ2は徒歩でサーフのためビーチに向かう姿が多くあった。
_DSC9810
大リゾートに成る前のバリにはバックパッカーの若者が訪れ、またポピーズ2にも集まった。現在は街やリゾートが拡大し、ポピーズ2やレギャン通りの隆盛は過ぎた。
_DSC9812
上記の写真にあるように、ビーチウォークがポピーズ2に入り込み、そのまま巨大ショッピングモールへ歩けるようになった。ハワイのような明るい賑やかさは、魔窟のイメージからは遠ざかった。

_DSC9809
しかし、ポピーズ2の入口同様、20年前と同じ形態同じ雰囲気の店も残っている。サーフショップの何件かも同じ。また昔ながらのお土産屋のスタッフやスパの呼び込みの子の雰囲気。
_DSC9815
大きなホテルや施設の計画も進んでいきそうだが、レストランやバーの一部は昔ながらに残っている。記事とは関係ないがアブソルートはバイクのガソリン入れに一番人気。
_DSC0033
スエーデンの有名なウォッカ。ウォッカではバカルディの方が人気があるかもしれないが、ガソリン容器としては、頑丈で強度のあるアブソルートが圧倒的人気だ。たぶん落としても割れない・・11月の終わりはポピーズ2も、ご覧の通り、ガラガラ、お客さんがいない。
_DSC0030
ほとんどの店が閑古鳥を泣かせていたところ、この座席満員なお店は何?やはり「ワルンインドネシア」だった。18年前の開業以来、ポピーズはおろか、バリ島中でも有名なナシチャンプル屋さん、お店の雰囲気は、
_DSC0018
開業当時とほとんど同じ。ナシチャンプルとビンタンがこれほど似合うお店はない。世界中の元バックパッカー達やサーファーは、このお店を懐かしく思い出せるでしょう。客層は変わった感じですが、相変わらず満席でした。
_DSC0022
新しいお店も次々と誕生しています。スミニャックにあるようなお店もできてきました。ポピーズに健康や野菜を重視するオーガニックのお店は、イメージできませんでしたが、そんな時代も流れてきているようです。また、昔はいなかったのですが、先進国の都市部風のお洒落な若者も歩いています。ポピーズ2もどんどん変化しています(諸行無常)

関連記事

  1. ニュピ前夜は「オゴオゴ」!子供達はお祭り騒ぎ

  2. クブアニャールのウブド、バビグリン屋さんはオアシスワルン

  3. ラブアンカーのソープ

    【Love Anchor Canggu】 /バリ最強の出店激戦区!「チャングーエリア特集」

  4. シンガラジャの町、ロビナビーチのご紹介

  5. スランガン島【サケナン寺院】のクニンガンのお祭り!「後編」

  6. ムラスティからニュピへ

電話、LINEでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0812-4750-4310
LINE ID : balichili2 (メッセージのみ)

電話、LINEの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング