バリ舞踊・ディナーショー/アヨディアレストランのご紹介

アヨディア体験1のバナー

アヨディア体験ルポ1の説明

→ アヨディアレストランご利用のご感想
→ バリチリカーチャーターのご予約はこちらからどうぞ

 

以下内容は「上記内容と同じ」HTML版バージョンです(見やすい方をご覧ください)
サヌールのアヨディアレストランへ・・・

サヌールの幹線にある、インドネシアの宮廷料理が楽しめるアヨディア・レストラン。毎日4,5種類を日替わりで繰り返し踊っている踊り子たちの姿を眺めながら宮廷料理をいただけます。

なんとも面白い演出があると聞いて、興味津々で早速でかけて参りました。

→ アヨディアレストランご利用のご感想

 

 ■ ダンス上演
ガンビョン( ジャワ舞踊)
衣装もとても美しく、優雅な動きに見とれてしまいました。
ガムラン演奏者たち。
バリの踊りは、彼らの生演奏と共に楽しめます。
プジュアン (ジャワ舞踊)
女性二人が弓矢や探検を用いて勇ましく踊ります。
お帰り間際、いきなり段上に上がり見よう見まねで踊り始めたノリの良いお母さん。
レゴン・クラトン(バリ舞踊)
バリ島の定番ダンスの代名詞的存在のレゴンダンス。こちらは毎晩上演です。
日本の団体旅行の方々は、被写体からの一定距離を保ち、何故か遠くから皆さん同じタイミングで踊り子さんを撮影されておりました。

 

華麗なダンスが店内中央の舞台で行われております。この日は4種類のダンスを見ることができました。
【ガンビョン】
ジャワ語で「1つになる」と意味で一般の村の人たちが楽しんだ踊りで、1人の若い女性が更に美しく、成長する様子を絵描いています。
【プジュアン】
姫という身分でありながら戦いに向かうため訓練をしている様子を描いた新しいスタイルの踊りだそうです。
【レゴンクラトン】
隣の国に無理やり結婚させられそうになった姫の拒否により、国同士の争になったため、姫を守る侍女達が伝説の鳥ガルーダになって、戦いつつもやぶれてしまったという様子を描いた内容です。
【 プスバンジャリ】
puspaは、バリ語で花という意味があり、プスパンジャリは「歓迎の踊り」です。
20:00-21:00の間、繰り返してダンスが行われております。お食事を頂きながら、または、お連れの方とお酒を楽しまれながらなどされ、のんびりと鑑賞することができます。

 

 ■ お食事
ダンスもさることながら、アヨディアのメインは、やっぱり宮廷料理です。
それでは、その王宮スタイルを再現したという、コース料理のご紹介です。
アヨディアでは、セットメニューも用意されておりますが、今回は、驚きの演出が楽しめるという、リスタフェルというコースに挑戦です!
サフランライスです。バリの黄色いご飯といえば、ターメリック(うこん)で炊いたものを思い浮かべますが、こちらはサフランライスです。
見た目は、あまり違わないようですが、サフランの方はほとんど香りのないターメリックに比べ、良い香りがするといわれております。
まあ、とにかく、そのサフランライスが盛られただけのお皿がサーブされました。(白いご飯になる場合もございます。)
!!!!!
しばらくするとこの個室と、舞台のある店内の電気がいきなり消されました。
「ハッ!?ナニナニ!?」と驚いていると、暗くなった店内の向こうの方から、10名ほどの女性達が一列になって、ゾロゾロとこちらへ向かってくるではありませんか!圧倒されつつ、ちょっとなんかドキドキです。
左手に料理を載せ、右手はサロンのスリットを押えた彼女達は段上に斜めにズラッと一列に並びました。う~ん何とも壮観な感じであります。
全員がきちんと整列したら、皆さんいよいよ、こちらの個室へやってこられました~!
ついに女性達が入室です!スゴーイ!!!なんて言い表したらいいのか分かりませんが、興奮です!当たり前ですが、日常生活ではなかなかない状況であります。思いっきり肩の出た民族衣装も、かなり色っぽいし、圧倒されるしです。昔のインドネシアの王様の暮らしぶりは一体どんなだったのでしょう!? 王様ぁ・・・。
彼女達の入室とともに電気が点けられました。そして、全員が入室して勢ぞろいしたところで、配膳開始です。1人1人、肩に乗せたお皿のおかずを私たち1人1人の前にすでにサーブされているサフランライスに盛り歩く(?)というサービスなのであります。
入れ替わり立ち替わりにサーブしていただき、白いお皿が少しずつ色とりどりのおかずたちで埋め尽くされていきます。

慣れない状況にちょっと緊張してしまいました。

ほどなくして出来上がりであります。
完成したお皿をしげしげと眺めていると、突然・・・、
「スラマット・マカーン」
と、背後から彼女達が声を合わせて言い放ちました。
ビックリして目を丸くしていた私たちを残して、彼女達は、またゾロゾロ・・・と列をなして退出していったのでありました。

最後尾の方がドアを閉めて私たちだけになった後は、しばし「・・・いや~・・・、凄かったね~・・・」という話で持ちきりになりつつ、彼女達にサーブして貰ったばかりの目の前のお食事を頂いたのでありました。
ちなみにスラマットマカンとは、「どうぞ召し上がれ」とか、「楽しいお食事を!」とかそのような意味のインドネシア語です。

■ おつまみ
インドネシア風ほうれん草の揚げ物や、インドネシア風クラッカーや、えびせんなど
■ スープ
インドネシア風チキンスープは、インドネシアで最も代表的な鶏肉のスープです。
■ 前菜
インドネシア風焼きかまぼことピーナッツソース。魚の繊維質が感じられるかまぼこでした。
■ デザートと、ジンジャーティーまたはコーヒー。ブラックライスと甘粥のココナッツミルク仕上げ。
尚、女官スタッフさんたちの運んでくれたのは、メイン料理であり、その他にも、おつまみ、スープ、前菜、デザートなどもメイン料理の前後に楽しむことができます。(その際は演出なしで、普通に一品一品ずつサーブされます。)
・・・という、コースとしてお食事をお楽しみ頂けます。
個人的には、デザートのブラックライスと甘粥のココナッツミルク仕上げが大好物で、こちらはそれも、とてもおいしかったです。上に乗せられた白(?)玉団子も美味でございました。

 

 ■ 実に面白い体験でした
インドネシア料理といえども、日本人のお客様がほとんどだというアヨディアの味付けは、それほど辛くはないので、美味しく頂けます。
また、そのような理由から、スタッフの方々は日本語には慣れているので安心してインドネシア料理やインドネシアのダンスを一度に手軽に楽しめることでしょう。
クーラーの効いた個室(団体様も、2,3人の方も対応できます。)と半オープンのステージ脇のテーブルがありますので、お好きな方をチョイスできます。
お帰り前は、きれいな踊り子さんたちと記念撮影ができます。
旅の良い思い出になりますね。インドネシア様式の建物、ジャワのダンス、インドネシアの宮廷料理・・・バリ島というよりは、インドネシア~な空気を堪能できるアヨディアレストランでした。
アヨディアレストランを出て、帰途につくと、またバリ~な元の空気が戻ってきました。なんだかさっきまで竜宮城にいたかのような不思議な感覚を覚えた夜でした。

関連記事

  1. エレファント・サファリパーク&ライドの体験ルポ1

  2. スパ・アット・ザ・アマラの体験ルポ②のバナー

    ザ・スパ・アット・ザ・アマラの体験ルポ②

  3. スランガン・ダイブ&ウォータースポーツの体験2のバナー

    スランガン・ダイブ&ウォータースポーツの体験ルポ2

  4. 娘は道中ずっとデワさんと手を繋いで回ってました

  5. ガイドさんの案内のおかげで、スムーズに回ることができました

  6. テルムマラン・バリ体験ルポ2のバナー

    テルムマラン・バリ体験ルポ②

電話、LINEでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0812-4750-4310
LINE ID : balichili2 (メッセージのみ)

電話、LINEの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング