【ビンギンビーチ】ウルワツの崖サーフリゾート

ビンギンビーチのテラス

※新型コロナウイルス前のコンテンツです。

ウルワツ地区のサーフポイント「ビンギン」。ウルワツには世界に浸透しているサーフポイントであると、「ウルワツ」「パダンパダン」「ビンギン」などは知られているように思われます。どれも上級者が中心のポイントとして知られています。

パダンパダンやドリームランドは観光ビーチとして人気なのですが、パダンパダンに遊びにいっても「あそこ波小さいね」とか思うことが多いのです。しかし「ウルワツ」ポイントがダブルオーバーサイズの大きな波をこえるほどのブレイクがはじまると「パダンパダン」に波があらわれてマックスに近い波がウルワツに襲来するとパダンパダンの波のパーフェクトなチューブブレイクがたまにあらわれるそうです、といったことでたぶんいいのですね?

しかし残念ながらパダンパダンの世界的に有名なビックチューブをみたことがありませんが多分ユーチューブなどには出ています。

今回はそのだいたいお隣「ビンギン」です。こちらも上級者中心のチューブポイントがあるのですが、上記の3つのサーフ上級ポイントはもともとサーファーオンリーでしたが、現在はどのビーチもサーフィンをしないビーチ観光のお客様の方が多いのです。その中でビンギンはビーチまでの道のりが困難なためパダンパダンやドリームランドほどは大人数が押し寄せず、ちょっとした昔のままのバリの楽園っぽい感じが残っています。

他のポイントと違ってまず駐車場が見つけにくく、かつ車やバイクから降りて、ビーチへの階段までがちょっとした迷路?のようです。そこらいらの壁に手書きで「→beach」みたいな看板でたどり着きます。

こちらの写真はもう崖の階段ちょっと手前です。左上に黒い線と左下に白いパイプラインが・・・・恐らく前者は電線で後者は水道管でしょうか?これらだけでもとてもワイルドな場所であることが分かります。

ビンギンビーチの階段入口

こちらは車もバイクも通れないような道にホームステイがあります。こちらに泊まり毎日サーフィン修業のようなゲストも多いかもしれません。

DSC_2583

崖の階段からビンタンのボックスを・・・・ビーチでビールを提供されるということは大変ありがたいサービスですね。

ビーチに荷物を運ぶ人

坂の階段がはじまるところによさそうなアコモがありました・・・・それだけですが、

階段途中の家

坂の中段にはすでにワルンがあるので、ビーチまで行くのがつらすぎると判断された方は、中段で景色を眺めつつ、ここを最終ポイントとするのもいいかもしれません。ビーチや海にさわれませんが、どうせビーチでも海に入らないという方は、こちらの優れたところはハイポジションからの景観です・・・・帰りの「あとで後悔した」登りも楽です。

ビンギンビーチのワルン

下っていくと段々海がみえて、さっそくサーフィンしているのが分かります。こんなワクワク感はいいですね。

海

下から見ると1歩間違えば・・・・・・自己責任ですので、ゆっくり慎重に1歩1歩降りていきましょう。

DSC_2635

こちらのワルン・カフェはビンギンビーチの一番右側に位置して下写真のように景色が自慢です。

階段のワルン

いい景色ですね・・・もうここで十分とおもい、腰をおつけしまおうかと思ってしまうくらい・・・ちなみに向こうにみえるのがドリームビーチでその手前小さく映っているはエルカブロンビーチクラブレストランです。

テラスと海

となりもカフェ

カフェとテラス

目の前のビーチにピーナツ売りのおじさんが通りました。

ビンギンビーチの売り子

ここは凄い場所ですね、ワイルドなビーチパラダイス感も残っています。

海と崖

ビーチに降りたら岩・・反対側は森っぽい岬

ビンギンビーチ

ビンギンにはワルン・カフェ兼ときどき2階3階がホームステイが200Mのビーチに連なっています。

ワルンとカフェ

ビーチが混むこよなくよい感じで使用できることが多い

ビンギンビーチ2

ちょっと小奇麗なカフェ風なお店もありますのでサーフィンをしない方も、ビーチリゾートとし「ビンギン」を観ると魅力的な場所かもしれません。

DSC_2809

写真はビンギンビーチの中心部

ビンギンのワルン

ヤシの木とパラソルだけでちょっといい感じのワルンになる。

ヤシの木とパラソルのカフェ

こちらはビンギンビーチの中心にある特別な岩、バリヒンドゥーのお祈りの場所にもなっている。

神様

こちらは昔につくられた3階建・・・・なかなか渋い

DSC_2836

こちらは右端に見える岬、この景観は南部エリアのビーチとしては特別、バリ島周辺の島に船で行かないとなかなか出会えない感じか・・・・・

ウルワツの岬

新しいカフェやアコモも

ビンギンの新しいアコモ

こちらは右端のアコモ・カフェ、かなり高い場所にあるので眺めがよさそう

眺め最高なアコモ&カフェ

ビーチの右端はこのように大きな岩で仕切られている・・・とてもワイルド

大きな岩

さらに先にはブーゲンビリアを飾ったアコモか?崖上のハイエスト・ポジションでよさそう・・・・

DSC_2884

さらにとなりのビーチまで大きな岩などが・・・

ビーチのワイルド岩

岩陰は綺麗

岩と海

このビーチなら1日家族で犬をつれて過ごしても問題が発生しなそう、このくらいの人口密度が最適か・・・

ビンギンビーチ全体像

新しいヴィラ風アコモ・・・・高級そう、いや高級だろう、3本の柱に白亜の石で覆われている、ここならサーフしないゲストも宿泊して1日ビーチとビンギンカフェとお部屋のバルコニー&海水浴などで十分充実したビーチリゾートになりそう。将来ビンギンはラグジュアルな施設もできそうな気配がします。ビンギン特有の離れ島感にはラグジュアルリゾートの風が吹いてきそうです。

崖アコモ

ラグジュアルな風が吹いてきそうな海ですね。ブルガリのような巨大リゾートではなく

海とビーチ

むかしながらの粋なワルン風もあれば

ワルン&アコモ

ちょっと白いマリンカフェ風も、どちらにしてもビンギンの魅力は施設がこじんまりしているところ・・・

新しいアコモ

Kellys Warungはオープンのテラス席をブーゲンビリアで囲っている。

ケリーズワルン

カウンター席でも、当然、サーフを観るのにビーチからよりよく観える。ビーチからサーフィン見学していると結構つかれる・・・・・・こんなカフェからならサーフィンみなくても何時間居てもいい・・・・

海とイス

ここは、さすがに気分がよすぎるのでビンタンビールを注文!しかし調子にのって写真をとりながら気分よく飲んでいると、帰りの崖階段で心臓がバクバクして足腰が動かず、大変な思いをすることになるとは、この時は想像できず・・・・・現役サーファーの体力があれば問題ないのでしょう、

ビンタンビール

ワルンでのお祈り

ワルンのお祈り

ケリーズワルンの様子

ケリーズワルン

オープンテラス席ではサーフを観る

カフェからサーフ観戦

ワルンはときどき犬も入ってくる、

ワルンの犬

テラスでは波がよくなり見どころが出てくると立ち見も出る・・・

ヒートアップするカフェ

サーフをしてもしなくても、皆まったりしている。

ビンギンビーチをみわたす

夕陽色になりかけるビーチ模様

ウルワツ地区【ビンギンビーチ】後編

ビンギンの掘っ建て小屋

→ウルワツ地区【ビンギンビーチ】前編のご感想はこちら

 

ビンギンの海

ウルワツ方面のツアーなら・・・・・

ウルワツシンプルツアー

http://www.bali-chili.com/tour/teiban/uluwatu_simple.html

 

写真集「BALINESE」※PCでの色彩閲覧をお勧め

疫病・恐慌・戦争・革命・飢餓・未知なる世界に突入

関連記事

  1. 【サヌールビーチの遊歩道】は世界遺産になればいいですね!

  2. シンガラジャの町、ロビナビーチのご紹介

  3. トーマスビーチの夕陽鑑賞は最高!

  4. Crumb & Coaster (CC)

    【Crumb & Coaster】ポピーズ2通りの定番カフェへ!

  5. マーマミーヤ

    イタリアンレストラン「マンマミーヤ」がデンパサール・レノンへ、頻繁に通える隠れ家。

  6. クサンバの塩

    塩田クサンバのご紹介

電話、ラインでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0822-4750-4310
ラインID:balichili-travel
電話、ラインの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング