【パダンパダンビーチ】ウルワツの人気ビーチ!

パダンパダンのレスキューチーム

※新型コロナウイルス前のコンテンツです。

パダンパダンビーチPADANG・PADANG・BEACH サーフポイントとして有名なビーチですが最近では観光としての利用は急増しています。ごく最近までシークレットビーチとして言われていた気がしますが現在は有名ビーチになりつつあります。

ウルワツといえばウルワツ寺院とケチャダンスしかイメージありませんでしたが最近では高級ホテルとシークレット風ビーチ、さらにはウルワツ自体には小さな村しかありませんでしたがGWKからウルワツ寺院までの間に街ができていく空気があります。

ウルワツといえば「秘境」の代名詞みたいな場所でしたが、そんな場所にまでホテル群と街が出現しようとしています。欧米人にも人気が出てきたので将来はチャングーかウルワツかの比較をしたくなるエリアにもなりそうですね。

下の看板はウルワツに1本の道路に看板が出ています。パダンパダンビーチにはすでに立派なパーキングがあったのです(しかもどんどん大きくなっています)

パダンパダンの看板

パーキングに咲いていた黄色い花

黄色い花

ビーチへの階段を降りてすぐのピンクの花・・・・南国リゾート気分がもりあがります。

DSC_1736

パダンパダンビーチは橋のとなりから降りるのですが、ここにはウルワツのお猿さんがたくさんいて橋の下ではいつも遊んでいます。

パダンパダンの猿

この橋も古そうで少し怖いのですが・・・・

パダンパダンビーチの橋

ジャジャーンこちらが岩の割れ目を通ってビーチにむかう難所で名所・・・・このアドベンチャー感がパダンパダンビーチの人気のひとつかもしれません。

DSC_1764

他のビーチにはビーチまでが心臓破りな感な場所もありますが、パダンパダンはそれほど距離がなくほどよいベンチャー感なのかもしれません。またそれが人気ビーチとしての要因なのかもしれません(凄く苦しい思いでビーチリゾートは困難)こちらで記念撮影が多い!

DSC_2271

お猿さんはこのへんもウロウロしています。

パダンパダンの猿

降りていくと・・・・・

DSC_1774

もう出口・・・結構短いのですが、途中迫力ある閉塞感(せまい!)ところあり、閉所恐怖症の方ご注意、また世の中には閉所大好き症とでもゆうべき「狭い空間が好きな方」も多いはず。

DSC_1777

下から見るとこんな

DSC_1787

岩道をぬけるとそこはビーチだった(トンネルをぬけるとそこは雪国だった)

ビーチが見えたところ

こちらのビーチはしっかりレスキュー監視員さんがいました。

パダンパダンビーチのレスキュー

少しエメラルドがかった浅瀬で海水浴

パダンパダンビーチの客

大きく海水や波によって浸食された岩盤が印象的でこのビーチの特色になっています。変形した洞窟にもみえます。その塩の満ち引きによって満ちのとき海であるところは特有の植物がいますね。恐らく人間も起源は海から来ているので数億年前のDNAの記憶が「海が懐かしい」と感じさせビーチリゾートをさせているのかもしれませんね。こんなそこかしこに見える「岩」ビューこそがウルワツビーチの特徴ではないでしょうか?

たくさんのお客さん

ビーチのお土産ものやさん、素朴なおみやげが多い、

ビーチのお土産やさん

ビーチはパラソルがたくさん立っています。

パダンパダンビーチのパラソル

このビーチの特色とて宇宙から落ちてきた隕石のような大きな岩がゴロゴロ・・・・このワイルドなネイチャー感がたまらない方が多いのか、ここがクタビーチやサヌールビーチと違う点かもしれません。

パダンパダンの巨石

特に奥の方はさらに岩石群が・・・人気のないビーチは潮の満ち引きによって岩のビーチが孤立したり大波が突然発生することもあるので気を付けてください。

ビーチの巨石

パダンパダンビーチは、まるで宇宙から落ちてきた隕石のよう・・・ワイルド&ネイチャー絵ずらですね。

ビーチの巨石2個

遠浅のリーフでみなさん磯遊びもされています。

パダンパダンビーチの海

そんな観光ビーチにもサーファーがしっかりいます。波が上がったときは素晴らしいスエルがはいりこんでくるそで波の音から「パダンパダン」となずけられたとも聞きます。

水着の女性とサーファー

下写真これは・・・無人島の漂流者の絵・・・漂流者といえばCastaway、ポリスのスティングの曲にMESSAGE IN A BOTTLE、という曲があり、そこでは「漂流者」が主題となっています。(これはデビットボウイとミックジャガーの流れでイングランドのアーティストつながり)ここで「漂流者」とは人生で絶望した不安や恐怖で押しつぶされそうな近代人をさしていると思われます。漂流者は自分だけとおもっていたら、ある日、ほとんどの多くの人間が漂流者(絶望者)だとわかった・・・・誰が助けてくれるかわからないがとにかくSOSのメッセージを発信しよう!という歌詞です。
https://www.youtube.com/watch?v=oy25A7vnigg こちらのTED後半では歌いながらなんとなく説明しています。35年前のポリスの曲が最近のスティングが歌うと全く違う曲に思えます。単純に人生を登っていく途中のライブと人生の午後を通り過ぎたあとのライブでスティングには人生の夜を覚悟したうえでと思わせるので過去のすべての曲が全く違うものに感じられ、また新曲は生活に密着した日常の話になって、かつそこしかない喜びを包括している点など(人生の午前中では理解できない喜び)・・・・・・理屈で説明してもむなしい限りですが、

TEDのスティングには人生の午後での可能性がみえかくれしていました。スティングもバリ島が好きでしょうか?バリ島のリピーターかもしれませんね。当時の彼らイングランドのアーティスト達がとりつかれたバリ島は今でもあるか・・・・半分は残っていてほしいですね。(パダンパダンビーチにておもう)

ビーチの岩たち

無人島の漂流者から話が本流からそれましたが、そんな写真に見えますね。それがパダンパダンビーチです。もしくは隕石かな・・・

岩陰のお客

この緑豊かなクリフもラピュタのように飛び立ちそうですね。ビーチ全体の色もおちついていいいろです。

パダンの崖リゾート

この洞窟風なビーチはみてのとうり涼しいのです。いつも思うのですが上から岩が落ちてこないな心配にならないかな?

ウルワツの崖リゾート

時間帯によってこのクリフが大きな日陰をつくりだします。

海水浴客たち

パラソルや樹木の日陰と違い独特なおおきな日陰です。昔の人類は雨露をしのぎこんな場所でのんびりしたもしれませんね。人類最初の家とはこのようなものだったのかもしれません。

崖とお客

そしてコケのように深い緑で岩下を覆っているのは海藻のようなものでしょか・・・・渋い渋すぎる・・・・・盆栽の世界に通じるものがある・・・・昔祖父はこんな感じの植木を育てていました。盆栽も木と岩とコケの渋さのハーモニーのような、これは天然の盆栽

崖とコケ2

これぐらいの人だとゆっくりできます。平日がおすすめ、土曜日曜などは激混み覚悟!

パダンパダンビーチの大日影

最近、手漕ぎのサーフィンのような「スタンドアップパドル・サーフィン」をバリ島でよく見かけます。熟練者はロングボートより早く波をつかんでしまう優れもの、立ち乗りは難しそう・・・・

パドルボートをレンタルした客

そこでスタンドアップパドル・サーフィンをボート代わりに使用する楽しみ方があります。立つのは難しいので正座して漕ぐのです!ほら、初心者でもすぐできた。

パドルする女性

こちらも正座、意外に楽そう!このインサイドは波がないので安全に練習できそう。

パドルする男

オーストラリアから遊びにきていた中高生もしくは地元のインターナショナルスクールからでしょうか、

パダンパダンビーチに遊びにきた少年たち

いい感じの色です、エメラルドグリーンも入っています。

パダンパダンのレスキューチーム

見上げると橋が・・・最近ウルワツにも電線が増えています。

DSC_2195

お土産やさんでも結構ほしいものがある・・・・・

お土産屋

こちらはワルン、ローカル食堂ですがビーチなので値段はちょっといい、それなりの肴になんといってもビールがあります。(運がよければ冷えている)冷えてなけれ氷でベトナムビール風・・・

パダンパダンのワルン

シンプルな犬

DSC_2225

ビーチレスキューもリラックス・・・・

パダンパダンビーチのレスキューチーム

パダンパダンはサーフポイントなのでサーファーも波チックにきます。

サーファー

パダンパダンは、平日がそこそこの人手でお勧めです。

ビーチのツーリスト

行きも帰りも巨大岩の狭い通路(1人しか通れない)こんな感じで順番を待っています。すれ違う時何気にツーリスト同士のあいさつがお国柄を現します。

DSC_2260

日本でもこんな観光名所の神社とかお寺とかありますね。

DSC_2264

橋のうえから眺めるとこんな感じ・・・・

パダンパダンビーチの全貌

パダンパダンビーチはワイルドなロックむき出しビーチでした。

→【パダンパダンビーチ】ウルワツの人気ビーチ!!のご感想はこちら

橋の上からのビーチ

 

写真集「BALINESE」※PCでの色彩閲覧をお勧め

疫病・恐慌・戦争・革命・飢餓・未知なる世界に突入

関連記事

  1. トーマスビーチの夕陽鑑賞は最高!

  2. シンガラジャの町、ロビナビーチのご紹介

  3. 【Moana Fish Eatery】チャングー地区・バトゥボロンビーチ通り、人気定番のタヒチ料理とは!

  4. ビンギンビーチのテラス

    【ビンギンビーチ】ウルワツの崖サーフリゾート

  5. 【サヌールビーチの遊歩道】は世界遺産になればいいですね!

  6. ポピーズ2入口

    ポピーズ2(ドゥア)ビーチからの入口。少なくとも20年以上変わらない佇まい

電話、ラインでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0822-4750-4310
ラインID:balichili-travel
電話、ラインの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング