バリ島「御三家アコモ」とは?初期から中期の小規模ホテル「テガルサリ」「アラムジワ」「タンジュンサリ」

タンジュンサリ

バリ島にホテル史などという分野が、将来設けられたとしたら、初期から中期にかけて、小規模アコモの「御三家」というものがあっても面白いと思われます。個人的にはサヌールの「タンジュンサリ」ウブドの「テガルサリ」、同じくウブドの「アラムジワ」を御三家と推薦します。それぞれ、バリ島旅行者のヘビーリピーターなら、宿泊体験があるか、もしくは大型ホテルでなくとも名前がどうしても耳に入るアコモ。

日本語では隠れ家宿といってもよいかもしれんませんが、世界中の各地にリピーターのファンが散在している、その意味では小さくともグローバル&インターナショナルなアコモかもしれません。御三家・・・・といえば「郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎」を思い浮かべますが、皆さんは如何でしょうか?西郷輝彦や舟木一夫を思い出した方もいらっしゃいますね。

上記写真の御三家アコモは「テガルサリ」です。ウブドの田園ビューホテルを代表する超人気ホテル。つい最近まで旅行会社に営業せず、直接予約(主に電話のみ)でした。それで常に満室のホテルでした。

上記の写真は2番目のご紹介する、御三家の「アラムジワ」テガルサリと同様、最近まで代理店やWEBからの予約はあまり受け付けず、電話予約か、次回は半年後、1年後にくるので、とリピーターさん達がチェックアウトの際に予約してしまうことで、かなり予約が埋まってしまった、という伝説の超ホスピの超人気ホテルでした。

テガルサリとアラムジワの田んぼは、なんと同じ田んぼで、最近、そこにモンキーフォレストのパーキングの一部開発が進み、時代が変わった感もありますが、スーパーアコモ健在の感も残っています!

テガルサリの広大な田園をみわたせるビューも凄いのですが、アラムジワの2階部分のテラスはオープンリビングになっている部屋があり、豪華な家具は何一つありませんが、「最高のリゾート空間」を創っていた奇跡のリビング、大げさな表現ですが、このすばらしさを世界中のヘビーリピーターが体験して同様な感想を記しています。以前のアラムジワのブログ

そして、3番目の御三家は、バリ島ホテル創成期に誕生した「タンジュンサリ」このホテルには、現在のバリ島リゾートの源泉を観ることができます。バリ島のリゾートがどのようにして誕生したか、バリ島のホテルに興味をもったなら、宿泊し、観なければいけないホテルかもしれません。

タンジュンサリは御三家であり、生ける伝説としても、ギャラリーとしての価値もあります。おすすめはビーチサイドのバーやビーチに常設している座れるバンブーなどがある空間です。このラグジュアルなリゾートのビーチサイドは「最高にザ・リゾート」であって、宿泊しなくてもカフェやバーだけでお茶をしてみてください。バリ島にホテル史があることが確信できますよ。

関連記事

  1. リッツカールトンバリ

    世界中のホテルブランドが進出・競合し「バリ島を制するリゾートは世界を制する!」

  2. バリ島の西果てに、大自然の塔があった。

  3. 【スジャティスパ】は、バリ島ヨガ系スパと呼ぶより、仙人スパだ、ヨガから意識を高め、悟り人仙人を目指すべし!

  4. 【タンジュンサリ】近所の子供達がバリダンス教室!サヌールビーチ遊歩道の一コマ。

電話での予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0822-4750-4310
電話の受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング