ムラスティからニュピへ

今年のニュピやムラスティには数十年ぶりといっていいほどの特別な意味があるように思えます。昨年末からのアグン山の問題は噴火前や噴火最中は心理的にお祭り騒ぎの側面もあったことは否定できません。

DSC_9899

バリ島の観光業界全体は大きな打撃をうけ、さらに現状、完全に回復したとは思えない。前回の50年前の噴火では経済的な大きな損失もあり、

DSC_0019(1

翌年、バリ島は不安定な生活を大きな混乱を迎えることになります。この疲弊したバリ島を救う意味でも復興と観光客の増大をめざし、

DSC_0001 (1)

デンパサール国際空港の構想の動機となったともいわれています。こんな危機感から、大きな混乱をさけ、大不景気を乗り越え、新しい道が開ける、

DSC_0029 (1)

ための祈りも込めて多くの参加者にとって特別なニュピやムラスティであるに違いありません。

DSC_0052 (1)

今回もクタビーチのムラスティをみさせて頂いたのですが、この日にはバリ島のたくさんのビーチや湖で朝から晩まで(地域によっては次の日の早朝)タナロットのムラスティもよさそうです。

DSC_0067

サヌール方面パダンガラックの早朝のムラスティも凄そうなどと、限りなくたくさんの場所で行われています。

DSC_0073 (1)

ただしジンバラン、クタ、チャングーなどで夕方からいくと夕陽とのコンビネーションで、サヌールからチャンディダアなど方面は朝陽とともに観られます。

DSC_0004

写真はクタビーチの15時ごろ、ちいさな女の子がビーチで素朴に遊んでいました。

DSC_0094 (1)

ムラスティのスンバヤンには特に多くの花飾りを観ることができます。

DSC_0099 (1)

ビーチの入口から各村ごとに行列が進んできます。このデサ(村)には、いくつものお寺(プラ)があります。お寺にはご本尊(宝)があります。

DSC_0122 (1)

複数のお寺の宝をビーチに運んで、村単位で1つの祭壇にまとめます。こちらは中心の祭壇に各村から運び込まれるお供え物をまとめています。

DSC_0130 (1)

こちらは恒例の女の子のダンスの恰好で行列してきます。

DSC_0141

このようにショーアップされている踊りがあるのはクタビーチだけではないでしょうか?観光客を意識してこのようなスタイルになってきたのかもしれません。

DSC_0148 (1)

お寺のご本尊を運んできたイブ(大変な役目)

DSC_0152 (1)

女性がご本尊やお供えものは女性が運んできます。男性は。。。。。

DSC_0153

男性は地域によって違うのですが、クタは神輿、これは日本と似てますね。

DSC_0164 (1)

海側に降りて歩いてきますが、自分達の村のポジションで砂浜の高い場所まで神輿を担がなければいけません。これが最大の男の仕事。

DSC_0087

到着後、村の祭壇をつくります。そして自分の村の祭壇周辺に座って待ちます。

DSC_0176

こちらはムラスティのクタのこどもダンスの出場者です。

DSC_0177

こちらもダンスグループ

DSC_0180 (1)

ある年齢になると、さそわれて踊りを短い時間で習うそうですが、

DSC_0184 (1)

南部エリアには小さいころから当たり前のようにダンスするチャンスはあるそうですが、こちらは子供会のようなものでしょうか。

DSC_0198

またまた次の神輿がやってきました。

DSC_0188

たんなる砂地の段差ですが、神輿となると大変、今までの行進の最後の力を振り絞ります。男達の顔がゆが苦悶にゆがみます。

DSC_0213 (1)

最後のパワー、一、二、三!!短いけど、心臓破りの坂といったところ、

DSC_0224 (1)

村によって違いますが、神輿をあげて、到着したとき、ガムランの楽器隊がかなり大きな音で、かなりレベルの高いガムラン打楽器します。近くにいると、この打楽器の勇猛さだけで、感動します。というよりよい意味で、音色に酔っぱらうのです。「ぐらー」ときませんか?

DSC_0228

祭壇の中心では神輿がならべられて、大きな祭壇が形成されます。

DSC_0272 (1)

この大きな各村共有の祭壇に何人ものお坊さんが入れ替わり立ち代わりします。

DSC_0263 (1)

神輿 このおおきな祭壇の前に大きな共有(中心的な)お供えものスペースがあり、ここに他のお供え物をもってくるべく、多くの女性が入れ替わり立ち代わり、こちらにやってきます。

DSC_0373

この日は曇っていたのでこんな海の色とセントロ

DSC_0301

祭壇の中心へ向かうイブイブ

DSC_0325

大祭壇を守るマンクー(お坊さん)

DSC_0350

お供え物をささげてきた帰り

DSC_0331

ピークタイムには大勢のイブイブがお供え物置き場に集まります。(若い女性も)この場所は今回のセレモニーで最も神聖な場所となっています。

DSC_0376

何人かの女性だけ海へ・・・・・

Traveling in London (9)

そしてニュピ(静寂の日)の準備へ

このあと、メインイベントのみんなでお祈りの時間ですが、ここで大雨が降り始め、ムラスティの参加者の多くも一時ビーチうしろのホテルやレストランに避難、結局雨は降りやまず、お坊さんや一部を除き、このあと実質的に解散に向かいます。さあ、それでも、ニュピの準備のはじまりです。

DSC_0401

今年も夕陽と景観が撮れなくて残念ですが雨宿り先で、雨の中の人々を観ることができました。

DSC_0399

雨の中ダンスを終えて、ビショビショで早歩き

DSC_0412

お母さんと一緒に傘にはいる男の子

DSC_0421

お父さんさんと一緒、あたりまえですが、愛情が伝わってきます。

DSC_0432

どしゃぶりだ!みんなではやく!

DSC_0416

こんなにずぶ濡れだと、バイクの風がしみる。。。家族全員4人乗り

DSC_0391 (1)

雨宿り

DSC_0471

傘は便利

DSC_0468

雨宿りへ急ぐ女友達

ムラスティがバリ島中のビーチや湖で終わりました。次にはオゴオゴです。そしてニュピ。1年で最も大切な日=ニュピ、この日の前には最大規模のダイナミックなセレモニーを重ねます。ニュピは何もしません。静寂の日

ムラスティからニュピへ2018のご感想はこちら


93992617[1]

バリ島のオプショナルツアーならバリチリへどうぞ!

関連記事

  1. シンガラジャの町、ロビナビーチのご紹介

  2. スカワティ地区・バトゥブラン通りのお寺【Pura Desa Tegaltamu】

  3. Crumb & Coaster (CC)

    【Crumb & Coaster】ポピーズ2通りの定番カフェへ!

  4. ウブド地区【ニュークニン村】の散歩道をゆっくり歩く・・・

  5. ニュピ前夜は「オゴオゴ」!子供達はお祭り騒ぎ

  6. クタビーチ

    世界の【クタビーチ】からポピーズ2通りとカルティカ通り

電話、LINEでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0812-4750-4310
LINE ID : balichili2 (メッセージのみ)

電話、LINEの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング