福インダ体験ルポ/バリ島でコスプレ!バリニーズ衣装と濃ゆいメイクアップで記念撮影しよう!

福インダの体験バナー

福インダの体験説明

ご予約  お問い合わせ
福インダの詳細と料金表
以下内容は「上記内容と同じ」HTML版バージョンです(見やすい方をご覧ください)

バリニーズ衣装を着て撮影できる、福インダへ行ってきました!
メイクをして、バリ衣装を着て、撮影をしてもらえるというフォトスタジオ、福インダへ行って参りました。
実は、正直なんだか気が進まず・・・、と申しますか、ぶっちゃけ「ああ、こっ恥ずかしくて、嫌だなぁ・・・ハア~・・・」と、不安たっぷりの気持ちを引きずって出かけることになったのであります。そもそもカメラの前でポーズ決めたり、スマイルするの苦手なのよね・・・ううう・・・。
・・・とまあ、こんな感じでブツブツ呟きながら、出かけた福インダ。一体どんなことになりますことやら・・・。ハァ~気が重い。(腹くくれよ)
まずは衣装選びから・・・
空港から車で5分程度のバイパス沿いにある福インダに到着です。
お店に入ると、スタッフの方々が「こんにちわ~!」と日本語で迎え入れてくれました。

スタッフの方々の胸元を見ると、皆さん名札を付けており、なぜか日本語名が・・・。なぜだ・・・。
そして、中でも一番日本語が上手で年長の風格のある、のりこさんという方に案内していただき、2階に通して頂きました。

さて、最近はカップルのお客様から、この福インダのご予約を頂いている傾向のバリチリ。それでは・・・、ということで、今日はバリチリのバリ人男性スタッフ、プトゥラとカップル気取りで撮影することに相成りました。

そんなわけで、にわかカップルとなったワタクシたち・・・。まずは、衣装を決めます。のりこさんからフォトアルバムを受け取り、パラパラとめくっていきます。
おおっ、いろいろあるし・・・。これはなかなか決められないよ。どれが人気ありますの?
「こういう青っぽい色は日本人が好きな色だから、結構これは人気あるよ」
なるほど。確かに清楚な感じで日本人好みっぽくて可愛いぞ。
でも、カップルの設定やから、やっぱお揃いの衣装がえっか・・・。
「カップルだったら、結婚式のが人気だよ」
うおっ!コレ(結婚式の衣装)、頭重そ~。その重みちょっと体感したいかも。・・・でも待てよ、結婚式の衣装か~・・・にわかカップルの私たちにとっては、ちょっとそれは超えてはならぬ一線じゃなくって?
もじもじ・・・。(照)
・・・と、アレヤコレヤと、のりこさんにアドバイス頂きつつ、オーソドックスかつ煌びやかなパーティ用のカップル衣装に決めました。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 

続いて、着替え & ヘアメイクアップ!
衣装が決まり、早速着替えの用意に取り掛かります。
日本語ペラペラののりこさんと何やかんやと話している間に、他のスタッフさんがパパパッと衣装の用意を整えてくれており、試着室のようにカーテンで区切られた着替えスペースに案内されましたが、その前にトイレへ・・・。
トイレから戻るとプトゥラは先に着替えを始めたようで、私も荷物を鍵付きのロッカーへ入れて、着替えスペースへ入りました。
着付けをしてくれるスタッフは全て女性ということで、プトゥラは始めちょっと恥らんで抵抗している声が隣から聞こえていましたが、途中からスタッフさんとのバリ語での楽しそうな会話が聞こえてきたので、何とか脱いでくれて、楽しく着替えているようでした。ヨカッタヨカッタ。
その頃私も、やはり女性スタッフさんに促されて脱衣し、着付けにかかっておりました。(ちなみに下着上下はそのままで、肩ひもだけ外しました。)
そしてその上にコルセットを着けます。そして後はあれよあれよと言う間に手早くスタッフさんが布を巻き巻きして着つけてくれます。
そうなんです。基本的にバリ衣装は布を巻いて着るという仕組みになっているので、サイズもなく、太っちょさんでもノープロブレムです。巻いて締め付けるという感じは、着物にも似てますね。
胴体は、グルグル巻きに締め付けられ、固くなったお腹をポンポンと叩きつつ、背筋はピンと張られ、身が引き締まるようでした。
着つけは、男性の方が女性よりも少し簡単とのことで、プトゥラの方が早く終わったものの、私の着つけもあっけないほどスピーディーに終わりました。
そして、続いてはメイクアップです。
最大30人のグループのお客様が利用可能というこの福インダのメイクアップメイクアップコーナーは、6席あります。
先に着替え終えたプトゥラのメイクアップが始まろうとしておりました。
そうです。男性もメイク可能です。・・・というか、メイクした方が絶対面白い・・・、イヤ写真映えするので、是非メイクをして頂くことをお勧めします。(濃い目、薄い目とリクエスト可能です。)
プトゥラ・・・なんか妖艶になったよ・・・。
ファンデーション、アイカラー、放紅、眉毛、そして口紅まで塗られちゃいました。最後におでこに第三の目が貼りつけられ、被りものを着け、メイク終了であります。
もちろん女性の方も濃い目、薄い目などのリクエストが可能です。
さて私ですが、よっしゃーここは腹をくくってお任せじゃ~!(でも内心ドキドキしてたりして)
オオ~!淡泊な私の顔が夢の濃ゆい顔に変身!やればできるじゃないか、私ののっぺり顔!という感じであります。
衣装も頭もキンキラキンなので、これくらいパンチのあるメイクでも、意外とケバケバしさを感じなかった私。(え?ケバい?)それどころか、自分じゃないみたいで結構テンション上がってまいりました~!ひょっとすると、この感覚が、コスプレの醍醐味だったりするのでしょうか!?
ところで、メイクはというと、私は普通にメイクをして出かけたのですが、そのまま上からカバー力のあるファンデーションを塗って、アイカラー2色(グラデーション)、リキッドアイライナー、頬紅、眉毛のメイクを施して頂きました。
衣装とのバランスを考慮すると、ご自身のナチュラルメイクでは物足りないため、女性は絶対に福インダでメイクをしてもらいましょう。尚、万が一の場合でもメイク落としもあるし、普段のナチュラルメイクであれば、して行って頂いても問題ないでしょう。髪の毛は、ヘアミストを前髪にちょっとつけただけなのに、私のボブヘアが全部持ちあがっていたのも、ビックリ!そんなこんなな、福インダのスタッフは凄い仕事ぶりです。
メイクアップ時間中基本的に、ほとんど目をつぶっていたといっても過言ではなく、そ~っと瞼を開けるごとに、どんどん顔も頭も出来上がっており、ヘアメイクアップもまた、あっという間に完了しておりました。
私とプトゥラ、完成したお互いの姿を見て、「うわっ!凄!!!」とか言いながらゲラゲラ笑っちゃったりなぞして、カップルっぽくなってきたような、緊張の裏返しなような・・・。
それでは、気を取り直して、いざフォトスタジオへ~!
ちなみに、メイクアップコーナーの奥にあるフォトスタジオの入り口ドアの上にはON AIR のライトがありました。何かイッチョ前だぞ~!

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

いよいよ撮影に挑みます!
スタジオは、薄暗くて、クーラーが効いていて、ひんやりしています。さほど広くないスタジオ内には、バリの割れ門やガルーダ(神の鳥)などの大道具のセットが置かれていました。
私たち2人と、先ほどの女性スタッフさんが3,4人、そしてカメラマンとそのアシスタントっぽいの男性スタッフ2名が一緒にスタジオに入りました。
その雰囲気を確認する間もなく、女性スタッフさんが近寄ってきました。
「はい。ここに立って下さい。」
あ、はい・・・。
「2人で撮りますよ。」
うおっ!いきなしツーショットなの!?
「はい、もっと近寄って。はい、手はこう」
と、スタッフさんは、テキパキと指導してくれます。
でも、なかなかポージングが難しくて、うまくいかないもんです。あごの角度、背筋、、、なんかギクシャクしっちゃってダメですね~。「笑ってー!」と言われても、なんか顔もこわばるし。モデルさんの偉大さを改めて痛感致しましたよ、あたしゃ。
とくに、腰をクネリとくねらせ、バリニーズダンサーさながらの格好をした時は、「何かキマってないわ~、おかしいわ~コレ」と筋肉をプルプルさせつつ、我ながら不審がっておりました。

プトゥラは、少しずつノッてきたようで、だんだんノビノビとした楽しそうな表情へ変わっていくのが見受けられました。
そして、ほほ~、さすがは本元バリ人です。全ポーズナチュラルです。会得してます。彼はクルンクンの出身ですが、私的には、秘かにクルンクンの王子様を想像してしまい、その後も王子との撮影に緊張するのでありました。(妄想しすぎやし)

スタッフさんたちは、衣装の乱れがあったら、その都度直してくれます。
また、やはりスピーディーな仕事ぶりはここでも発揮されます。
1ポーズ撮り終わると、すぐに次のセット前へ誘導してくれ、ポーズの指導をしてくれます。カメラにどう写るかもよくわかっていて、微妙な角度も手直ししてくれます。
正直、タイトな衣装で身動きも楽じゃなかったけれど、移動する時は必ず手を取って導いてくれたので、安心して身を任せる事が出来ました。
緊張したり、自分自身の出来に納得できなかったなりにも、結構楽しかった撮影でした。
いろいろなセットとポーズで、何カットも撮ってもらいましたが、スタッフさんの強力なアシストで、撮影自体もとてもスムーズで30分間ほどのものでした。
ちなみに、後に別のお客さんがいない場合は、撮影終了後、持参のカメラで自由に撮影することができます。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ハ~・・・終わりました。
スタジオを出ると、早速着替えます。やっとこさ緊張の糸が緩みました。ハ~終わった~!肩の荷が下りたとはこういうことやも。
それでは、メイクアップコーナーで、ヘアメイクを落とします。
と言うか、正確には頭の装飾を取ってくれ、メイクを落としたい場合は落としてくれます。
「メイクはこのまま?落とす?」とスタッフさんに聞かれ、オフィスで待つ他のバリチリのスタッフに顔だけでも見せたい・・・と思い、落とさないでおくことに致しました。という訳で、頭だけを元に戻してもらい、スタッフさんたちと共に着替えスペースへ。
プトゥラも、クレンジングしてもらった後、着替えを済ませたようです。
撮影中、少しずつ緊張がとけていった様子だったプトゥラですが、終了後は本当に安堵した、いい表情を浮かべておりました。
にわかカップルでの撮影、何か変な緊張感やったけど面白かったね~。お互いに本当にお疲れ様でした~。

その頃、画像処理班(?)は既に撮影した写真の編集に取り掛かっておりました。

さて、ワタクシ。着替え終わると・・・、なんと!!!これはアッカ~ン!ということで、慌ててメイクを落としに行きました。やっぱ自分の服と、バリニーズ衣装用のメイクは、ミスマッチにも程があったため、最低限のメイクを自分で落とさせて頂きました。

それでもオフィスへ戻ると、「ほっぺめっちゃ赤いやん」とか「眉毛すごいな~!」「口紅は、本当の口紅!?」などの関心(?)の嵐を起こすことになり、フフフ満足満足・・・。

そして、撮影終了後、30分程度でCDRとフォトアルバムを頂きました。早いっ!
結局、福インダでの滞在時間は、2時間程度のものでした。やっぱ早いっ!
(福インダの繁忙期や、お客様の衣装選びやメイクなどの所要時間などによって、個人差があります。)
このスピーディさだったら、帰国日などの時間がない時でも、利用しやすいですね。また、もし撮影終了後も忙しい場合は、翌日の夜までに福インダがホテルにお届けしてくれるので、心配ご無用ですね~。


××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

こんな写真たちを撮って頂きました~!笑けます!!!
それでは、本日のワタクシどもの写真をご覧くださいませ。自分たちも緊張しつつ、真剣にやった分だけ「何をしとんねん、何を!」と突っ込みたくなり、目に涙を浮かべての抱腹絶倒となってしまいました。
もちろんバリチリオフィスでも大爆笑されたことは言うまでもございません・・・。
どうぞ皆様もご笑覧してやって下さいませ。
・・・と、まあ以上の通りです。
ちなみに、撮影は12カット×2名ですので、この他にも沢山撮って頂いていますが、ご覧の通り全部が全部2人のショットではなく、1人ずつも撮って頂けます。また背景やポーズもいろいろあるので、自由にリクエストできます。
ところでスタジオ内は、薄暗かったのですが、2台の撮影用の大きなスタンドライトのおかげで、きちんと鮮やかな色で撮影できるんですね~・・・。さすがはプロのワザです。(もちろん撮影中、被写体となる私たちが場所を変えるごとに、ライトも微調整されました。)ちなみに、撮影前に猛烈な拒絶反応を起こしていた私はというと、やっぱり恥ずかしい、と言うか、何をしとんねん!ワシは・・・な、こっ恥ずかしい気持ちになるので、「もう一回やるで!」と言われると、またモジモジしちゃいます。
でも、こんだけ笑けるものなのであれば、今度は友達と行って、敢えて思いっきりアホ面で撮ってもらうというコンセプトならリトライしたいかも・・・。
そもそもこんなにオモロイものとは思っていなかったので、物凄く短時間で簡単だし、オモロイしで、是非やるべし!です。
プトゥラといえば、次は、日本の侍風の写真を撮ってもらいたいなどと言うてます。・・・ベタすぎるぞ、プトゥラ・・・。まあ今回の体験が楽しかったということにしておこう・・・。フォトスタジオで撮って頂くと、やっぱりキレイだし、思い出に残る写真になりますね。
更にこのコスプレ、いえバリニーズ衣装は、強烈にインパクトがあります。
是非、皆さんもバリ島旅行の思い出に、福インダでバリニーズ衣装撮影をしてみてはいかがでしょうか。

カップルはもちろん、女友達、ご家族、ワイワイ楽しんで、ゲラゲラ笑っちゃうような福インダでのヒトコマは、バリ島旅行に花を添えることでしょう。お勧めです!


××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

【番外編】
→ 忍法、分身の術~
(すみません、面白かったもので、つい・・・)
ご予約  お問い合わせ
福インダの詳細と料金表

 

 

関連記事

  1. クマンギ海鮮バナー

    クマンギレストランの香港海鮮料理体験ルポ

  2. ザスパアットザバレ体験③のバナー

    ザ・スパ・アット・ザ・バレ体験ルポ③

  3. バリハイ・サンセット・ディナークルーズの体験ルポのバナー

    バリハイ・サンセット・ディナークルーズの体験ルポ

  4. とくにライステラス、ティルタサリに感動してました。

  5. ドルフィンバナー

    ドルフィンと南海岸クルーズのご感想、クチコミご感想・口コミ

  6. クマンギ体験1バナー

    クマンギレストランでバリダンスを鑑賞!体験ルポ

電話、LINEでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0812-4750-4310
LINE ID : balichili2 (メッセージのみ)

電話、LINEの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング