バリ島の巨大ブランコの発祥地、バリスウィングを紹介!

高い1人乗りブランコ

バリ島でやってみたいことの1つとして既に定着している巨大ブランコ。渓谷や棚田を背景に大きなブランコに乗っている写真を目にすることも多いと思います。3年ぐらい前(2016年ごろ)から始まったブランコですが、今や景色のよい観光地に行くとたいていブランコが設置されているというまでに広まっています。

今日は、そんなブランコの中でも、バリ島ブランコの発祥地といわれるバリスウィングをご紹介!

1. バリスウィングとは

ラフティングで有名なアユン川の西側にあるボンカサ村にあります。ちょうどウブドのアマンダリホテルの対岸あたりで、眼下にアユン川が流れておりラフティングのボートが流れていくのも見えます。

バリスウィングの看板(左)と受付の様子(右)

バリスウィングのオーナーさんは(当時はオーナーではないのですが)、いつものように渓谷を見渡しながら涼んでいたそうです。ちょうど目の前に高い椰子の木が2本生えており、それを眺めながら、「この木の間にブランコを作ってみよう」と思いついたのだそうです。もちろん自分が楽しむためのものでした。ブランコを作ってからほどなくして、通りかかった旅行者が車を停めて景観を楽しもうとしたところ、ブランコがあったため、「ブランコに乗せてもらえますか?」という申し出があるようになったそうです。この道はキンタマーニの西側に通じており、時々旅行者の車が通るところなのだそうです。

対岸に見える渓谷
オーナーさんの眺めていた景色

その中の一人にブロガーさんがいて、このブランコのことを紹介したところ、徐々にブランコに乗るために訪れる人が増えてきたので、一般に開放するようになったのがこのバリスウィングの始まりなのだそうです。そして、インスタグラムから広まり、爆発的な人気ぶりは皆の知る通りで、現在、バリスウィングのあるボンカサ村の渓谷沿いには12社のブランコの会社があるそうです。

2. 位置

バリスウィングまでは南部エリアからだとおよそ1.5時間、ウブドエリアからだと30分ほどになります。アユン川ラフティングとあわせてや、ウブド、キンタマーニ観光とあわせて利用することができます。

3. バリスウィングの内容

バリスウィングの入場料はパッケージになっており、料金はUSD35(5歳以上)で12個のブランコ乗り放題、写真スポットでの写真撮り放題、ブッフェランチが含まれます。その他に別料金でバリスウィングのカメラでの写真撮影(USD12、データでのお渡し)、ロングドレスのレンタル1着Rp150,000、ソフトドリンクやジェラート、ビールなどがあります。1-4歳のお子様は無料ですが、ファミリーブランコ以外のブランコには乗ることはできません。また入場だけ(ブランコに乗らない、撮影スポットで写真を撮らない)の場合はUSD10(5歳以上)になります。

ブランコは一人乗り用(低いものと高いもの)、2人乗り用、家族用などがあり、どれに乗ってもよいし、何回乗ってもよいそうです。

1人から家族まで楽しめる、いろいろな種類のブランコ

撮影スポットは人気の鳥の巣をかたどったカゴやボート、大きなハートの形をした岩、渓谷に突き出すように出ている天然の岩などがあります。

撮影スポット

4. どのぐらい待つの?

バリスウィングは当初は2つのブランコのみだったため、待ち時間が長かったのですが現在では12個のブランコがあり、待ち時間もだいぶ減ってはいるとのことですが、それでも人気のブランコになると時間帯によっては20-30分程度待つそうです。旅行者の少ない時期だと大体1日300人から400人、ハイシーズン時は800人から1,000人ほどの人が訪れるとのことです。バリスウィングの営業時間は8:00-17:00で、朝早くや夕方が比較的空いている時間帯だそうです。

人気の1人乗りブランコを待っている人たち(左)、カップルでのんびりしている人たち(中央)、ノン・ベジタリアンのブッフェランチ(右)

5. 姉妹店、アロハ・ウブド・スウィング

棚田で有名なテガラランエリアに入ってすぐのところに1年ほど前にオープンしたのがアロハ・ウブド・スウィング by バリ・スウィング。こちらはウブドから15分ほどのところにあります。このエリアもブランコができる場所がいくつかあり、人気があるのはコーヒー農園にブランコがあるウマ・パケルや、アラス・ハルムで、そこにバリ・スウィングが参入してきたかたちになっています。

どれにしようか迷う!アロハ・ウブド・スウィング(左)、コーヒー農園とブランコのウマ・パケル(中央)、同じくコーヒー農園とブランコのアラス・ハルム(右)

6. バリスウィングの感想

78メートルの高さのブランコを除くと、他のブランコは低いものや、2人乗り、家族で乗れるものなどバラエティがあるので絶叫系が苦手な人にも利用できそうです。ブランコの下にはネットが張ってあるのも安心できる要因です。ブッフェランチはベジタリアンとノンベジタリアンのインドネシア料理が用意されていますが、種類は少ないためあえてここでランチを利用する必要もなさそうに思いますが、コーヒー、紅茶、水などもあるので、休憩に利用するのはよいかと思います。

旅行者の少ない時期に出かけたのですが、バリスウィングはインターンショナルな雰囲気で色々な国からの旅行者で賑わっていました。おそろいのワンピースにしている女の子たちや、帽子などの小物を揃えたりするなど、あらかじめ写真撮影用に準備して来ている方たちもいて、皆、恥ずかしがらずにポーズを決めているなど、見ているのも楽しかったです。

バリスウィング
取材時:2019年11月
内容、料金などは取材時点のものとなります。

関連記事

  1. メイソンラフティング

    メイソン(旧バリアドベンチャーツアーズ)のラフティングのご感想・口コミ

  2. 各寺院とも判り易く説明して頂きました

  3. デブダン体験バナー

    デブダンショー/バリ・ヌサドゥア・シアター体験ルポ

  4. スマスパ体験説明

    スマ・スパ体験ルポ

  5. お勧めのレストランもとても美味しかったです

  6. バリハイクルーズのビーチクラブクルーズの体験ルポのバナー

    バリハイクルーズのビーチクラブクルーズの体験ルポ

電話、LINEでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0812-4750-4310
LINE ID : balichili2 (メッセージのみ)

電話、LINEの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング