【ソール・オンザビーチ】ゆっくり目的もなく、ぶらぶらするために来る、サヌールビーチの遊歩道

サヌールの遊歩道は、漁村とローカルが遊ぶ海とリゾートから成り立っているように思えます。リゾートとしてのビーチはサヌールが最も歴史があります。そもそもビーチに遊歩道があって何キロもあるけるのは、サヌールだけ。歩きと自転車だけ、というというところが魅力的。何キロもビーチ沿いに歩きと自転車だけの遊歩道があります。

※写真はカユマニスサヌールのビーチレストラン

サヌールのオンザビーチのホテルが多く連なり、レストランやマッサージ屋さん、ワルン、お土産やさん最近ではアパレル系のお店も合流。そもそも、チャングー・クロボカンやウブドに比べてもサヌールエリアは「最新のカフェ」といった分野に、最もうとい場所(最近ようやく)。客層が老人や家族がメインだったからでしょうか。

※カユマニスのビーチレストランの午後

サヌールのオンザビーチのホテルが多く連なり、レストランやマッサージ屋さん、ワルン、お土産やさん最近ではアパレル系のお店も合流。そもそも、チャングー・クロボカンやウブドに比べてもサヌールエリアは「最新のカフェ」といった分野に、最もうとい場所(最近ようやく)。客層が老人や家族がメインだったからでしょうか。

※ルワンダのコーヒー豆

サヌールの遊歩道は、7-8年前に「おいしいコーヒーがのめるようになった」とかの程度で、お洒落なカフェも少数ですが出店し、ビーチクラブ専門店もやっと1件出店しました。さらにそもそも、サヌールの遊歩道の素晴らしさはそんなお洒落さんカフェや最新DJではないので、そこそこの割合でよいと思われます。

※ソウルオンザビーチの看板

サヌールの遊歩道は、7-8年前に「おいしいコーヒーがのめるようになった」とかの程度で、お洒落なカフェも少数ですが出店し、ビーチクラブ専門店もやっと1件出店しました。さらにそもそも、サヌールの遊歩道の素晴らしさはそんなお洒落さんカフェや最新DJではないので、そこそこの割合でよいと思われます。

ダンブリンガン通りの弊社の前のも最新のチャングー風カフェが誕生し、お客様が絶えず好調のようがす。さらにさらにそもそも、老人客層から一般客層増へ変化しているようです。単純化すると、遊歩道はバリハイアット方面よりタンジュンサリ方面の方が活気があるかもしれません。

※ソウルオンザビーチの遊歩道から観るソウルオンザビーチ。カフェの中にある海をみよ!

遊歩道に数年前「ソール・オンザビーチ」というカフェが誕生しました。ダンブリンガン通りの「ソウル・オンザボール」の姉妹店。サヌールにも新しい風が吹くのか?と期待し、それなりに期待を担っています。、サヌールが古く保守的なイメージですが、よくも悪くもそんな側面が大きいと思われます。最も古いリゾートはいいのですが、土地や建物がローカルの共有名義であることが多く。

外からサヌールにお店を・・・とせっかく来てくれたレストランなどでも敷地や建物の確保と契約に苦労します。その上、よくも悪くも、デンパサールのサヌールで、バンジャールや一族の習慣や決まりも多く、

これも新たらしい風を吹きにくくしています(これがよい側面もある)、チャングー地区などは、そもそもリゾートも街もない場所、外国人の開発が比較的自由にできます。そもそもそも、夕陽がウルワツ、クタ、スミニャック、チャングー方面なので、さらに縛りのないチャングーが新店舗の開発がしやすく、

その流れは、今後の外国から最新ブランド、進出地の第一候補がチャングー方面になっています。そんなこんなでサヌールは遅れたリゾート(伝統的リゾート)ともいえますね。その、あまり早い開発がないからこそ、サヌール遊歩道は素敵に進化してきたのかもしれません。

※お通しのクルップ

また、クタビーチやチャングービーチの外国人率はすさまじいものがあります。(よくも悪くも)サヌールビーチはローカルが遊びに来る海。よって、常に、ローカルの儀式の海利用。海水浴の海利用。

※スタッフが忙しく砂浜の砂の上を歩く

デンパサール人の散歩など、ローカル比率も高く、ローカルの使用するワルンやビーチでの食品文化にも触れることができ、スミニャックのビーチクラブでは、バリ島ローカル文化のビーチと海を感じることができます。

※カプチーノ32,000rp

ここに遊歩道がローカルとリゾートの融合道であることがわかります。これほどの調和がみごとに形成されているのはサヌー遊歩道だけ。

※ココナッツジュース30.000rp

欧米人の比率が高いチャングービーチで、ロングボードが多くハワイみたい、とおもいつつ車移動でスミニャックのレストランも、お店によっては最高で、

ハワイ旅行に似始めたといえるかもしれません。ハワイは本当に欧米人(特にアメリカ人が多い)

※ソールインザボール65.000rp

そんな体験もできるバリ島ですが、半分バリ島で、半分欧米リゾートで、ゆっくり歩いて感じられる場所が「サヌールビーチの遊歩道」です。

ウブドの裏通りでの散策もこれに近いのですが、バイクが通ってしまうため、そこまでの解放感は得られません。

※キャロットケーキ65.000rp

(やはり観光のイメージ)バリ島中探しても、ローカルの生活とリゾートが融合し、自由 に歩ける場所は思いつきません。現在、もともとの漁村や、もともとのローカルの海水浴場だった、

それにスピードの遅い開発などが加わり、偶然、奇跡的な遊歩道を形成した、のかもしれません。

※シーソルトチョコレートブラウニーズ 55.000rp

ここは他の観光地のように30分の立ちより場所ではなく、少なくとも半日以上の時間を確保して、

ゆっくり目的もなく、ぶらぶらするために来ると、新しい発見があるかもしれません。世界遺産に!という掛け声も、納得共感できるかもしれません。

関連記事

  1. モンキーフォレスト駐車場とロビーからカフェワヤンへ、ウブド新時到来か!

  2. Crumb & Coaster (CC)

    【Crumb & Coaster】ポピーズ2通りの定番カフェへ!

  3. トーマスビーチの夕陽鑑賞は最高!

  4. サリオーガニックの散歩道【ザクロカフェ】田んぼ系インスタグラムの定番カフェ!

  5. 【ウブド】の街をゆっくり散策し、疲れたらカフェに立ち寄る。

  6. 【イルカ】動物は人間のパートナー!ドルフィンと感情交流できる。

電話、ラインでの予約
TEL : 0361-282316
TEL : 0812-4611-2523
TEL : 0822-4750-4310
ラインID:balichili-travel
電話、ラインの受付時間
月-金 9:00-17:00
土   9:00-12:00

日・インドネシアの祝日は休業のため、受付ができません。
バリチリお問い合わせ
facebook icon
instagram icon
バリチリの人々 ブログ
バリチリ まるごとブッキング