バリ島現地旅行会社 バリチリ  バリ島旅行のホテル・ヴィラ・スパ・エステ・オプショナルツアー予約 | ご予約 | お問い合わせ | サイトマップ |
www bali-chili
ホーム ホテル・ヴィラ スパ・エステ 観光ツアー オプショナル コミュニティ 食べる 見る 買う
ホームコミュニティお客様からのお手紙ホテル・ヴィラのご感想>アグンラカ・バンガローズのご感想


アグンラカ・バンガローズのご感想

これまでにアグンラカ・バンガローズをご利用になられた方からのご感想を掲載させていただいております。
アグンラカ・バンガローズについては、以下のページにてご紹介いたしております。

アグンラカ・バンガローズ基本情報


湘南ミッキー 様 (50代男性)
アグンラカ・バンガローズご滞在期間
2010/1/9-12

■ ご旅行の形態
一人旅

■ ご宿泊のお部屋のカテゴリー
ルンブンスリ バンガロー(116号)

アグンラカ・バンガローズを選んだ理由
なんとなく

■ ご感想
【 お部屋について 】
へそ曲がりの私は、あえて人気のテガルサリを選ばず、どこかのサイトで、このルンブンスリのバスルームの不思議な空間の写真を見てから、同じ田んぼビューなら、アグンラカにと思っていました。さて、各バンガローは、4つのエリアに分かれて点在し、それぞれ別のビューとなるのですが、私の泊った116号室は、2つのルンブンスリとハネムーンスイートとの3棟が、思ったより間隔を空けて建っているエリアの、端っこの棟です。バリ島では、よくこのルンブンスタイルのホテルを見かけますが、そのほとんどが、外観だけ米蔵のデザインにしただけの物で、構造もコンクリート作りだったりします。だけどです、ここのは違います。本当に柱と梁を組み合わせ、床板と壁板を張って、アランアランの屋根を葺いた、建てつけも結構雑であちこち隙間だらけの、本格的な物置的小屋作りです(勿論本物の米蔵ではなく、宿泊施設として建てられたものですが)。虫でもなんでも入り放題、という感じです。そしてこの小屋にL字型の横棒の配置で、石の壁にアランアランの屋根が一部のっかった半オープン吹き抜けの小屋がくっ付いていて、これが、バスルーム兼玄関の別ウイングです。つまり、本体のルンブン部分の1階は、バレ風お座敷スペースとピロティになっており、建物内へは、ピロティから、この別ウイングに作られた例の観音開きの扉を開けて入ります。さて扉を開けると、まず眼に入るのが洗面台、前に進んで左側にトイレ、右側にバスタブ、そして正面奥がアウトドアシャワー(屋根が無い)と、仕切りもドアもなく配置されています(裸になる前に、玄関扉内側の閂を閉め忘れると・・・・!)。内壁は野趣にとんだ石壁です。そして、トイレの手前でUターンして階段というかはしごというかを昇ると、ルンブン部分の2階、すなわちベッドルームへの扉になります。ここが写真で見た不思議空間、解ります?バスルームの中に玄関があって、階段があって、ミニバーまでおいてあるんですよ。これがねえ、とってもいい感じなんですよ。まあここまで読んできて私には無理、という人が過半数でしょうが、この部屋からの眺めときたら、田んぼに椰子の林に牛に鳥、正面に陽は落ち、雨でも降ったら、広重の版画でも描ききれない幽玄世界。折りしも私の泊った時には、まん前の田んぼで、刈り入れと、脱穀の作業(勿論機械なんかなしの完全手作業)の真っ最中で、稲穂の陰にしゃがんでのおしっこまで、のんびり飽きずに眺めておりました。
尚、意外や意外、バスタブに熱々のお湯を張るスピードと、隣の部屋に気兼ねなく生活雑音を出せる点は、これまでのバリ滞在中のトップクラスです。また、ベッドには蚊帳が吊られていて、実際には何処もかまれも刺されもしませんでしたよ。

【 スタッフについて 】
控えめな営業をしかけてくるスタッフはバリの常ですが、適度にフレンドリーかつ過不足の無い対応に不満な点はありませんでした。

【 お食事について 】
前夜のうちに、フロントにメニューを伝えておくと、毎朝、指定した時間のキッチリ15分遅れで(気にしない、気にしない)、お嬢さんが頭にお盆を乗っけて、バレのテーブルまで朝食を運んできてくれます。キッチンから結構な距離と思うのですが、これが意外とコーヒーもおかゆも熱々のままです。お盆にかぶせた編み物のふたに秘密があるのでしょうか。ともあれ、味の程は、特筆するまでもありませんが、この景色でしょう、まずいと思うことは無いはずです。レストランはありませんが、ルームサービスメニューはいろいろ取り揃えてあります。

【 アドバイスなど 】
とにかく、ウブドオタクで、自然と野生的バリ生活を好む貴方、是非一度泊ってみてください。テガルサリでもチェンダナリゾートでも、ワカデウマでもない、異次元の田んぼの中の生活を経験できます。それから、今バリでは、電力不足から地区ごとに、計画停電が実施されていますので、特にこんな処では突然の真っ暗闇になりますので、懐中電灯をお忘れなく。でも、蛍の光ですよ!
まーいずれにせよ、都会育ちのお上品な貴方には無理ですから、泊って文句たらたらなら、はじめからご遠慮ください。

【 その他気づいたことなど 】
私個人的には、ウブドでの宿泊は、ネファタリは予約が取りずらく、いくら素敵なアコモでもイバコマネカクラス以上の出費はしたくないとなれば、安くて個性満点のここは次回もリピートする可能性、極めて大です。徒歩圏に続々といろいろなお店がオープンしているしフリートランスポートもついているので便利ですし(ウブドではバイク生活の私ですが、夜は酔っ払いになるので、これは重要)。ちなみに、ラヤウブド通りの、漁師やカフェルナあたりから歩いても30分強とは意外な近さです。

■ 湘南ミッキー 様のその他のご感想
ペニダビュー・ビーチ
カキアン・バンガロー

■ 湘南ミッキー 様のこれまでのご感想
ワカマヤ
ヴィラ・アイルバリ
エローラ・ヴィラス
ネファタリ
ラヴィ
ディアナ・ヴィラス



ホームコミュニティお客様からのお手紙ホテル・ヴィラのご感想>アグンラカ・バンガローズのご感想
| バリチリホーム | ホテル・ヴィラ | スパ・エステ | 観光ツアー | オプショナル | コミュニティ | 食べる | 見る | 買う |
| お問い合わせ | 会社概要 | プライバシーポリシー | Copyright (C) 2005-2006. バリチリ All rights reserved.