バリ島現地旅行会社 バリチリ  バリ島旅行のホテル・ヴィラ・スパ・エステ・オプショナルツアー予約 | ご予約 | お問い合わせ | サイトマップ |
www bali-chili
ホーム ホテル・ヴィラ スパ・エステ 観光ツアー オプショナル コミュニティ 食べる 見る 買う
ホームバリ島 見る>バリハンディー
お問い合わせ
ご予約
ご予約の手順
よくあるご質問
【バリ島オプショナル】

スパ・エステ
ヌサドゥア・タンジュンブノアエリア
ザ・スパ・アット・ザ・バレ
カユマニス・ヌサドゥア・スパ
ジ・アムルタ
タラソ・バリ
デーハー・スパ
フランジパニ・エステティックス
マンダラ・スパ・ニッコー
スパッション
クリヤ・スパ
トヤ・スパ
ルメードゥスパ
アヨディアスパ・バイ・マンダラ
タマンサリ・ロイヤルヘリテイジ・スパ
ロイヤル・バリニーズスパ

ジンバラン

バンブースパ・バイ・ロクシタン
テルムマラン・バリ
スパ・オンザ・ロック
カユマニス・ジンバラン・スパ
クイーンローズ・スパ
シエスタ
プトゥリ・アユ・スパ
ラヴィ
アロマトーク・アラムジンバラン
ロータス・クラブ
クンティ・バリ・スパ

クタ・レギャン
ダラ・スパ
テタ・スパ・バイザ・シー
レイ・ウェルネス・スパ
パドマスパ・バイ・マンダラ
タラガ・スパ
ジャムー・トラディショナル・スパ・アラムクルクル
エステティック・ヴィラ・ m&k
バリ・ラトゥ・ティアラ

スミニャック
プラナ・スパ
スパ・アイル
リュクス・ラウンジスパ
スパ・アット・ザ・アマラ
ディシニ・スパ
タマン・メラ・スパ
サロン&スパ・キュア(スタジオ5)
スパ・ザ・レギャン

サヌール
プリ・エステティック
ルバブ・スパ・アット・ザ・ガンサ
ジャムートラディショナル・スパ・タンジュンサリ
スパ・アット・バリハイアット

ウブド
スパ・アット・マヤ
スパ・アリラ・アリラウブド
カユマニス・ウブド・スパ
マンゴーツリースパ・バイ・ロクシタン
スジャティ・スパ
ワカ・デ・ウマ・スパ
ザ・ルンバ・スパ
キラーナ・スパ
デ・ウブド・スパ
スパ・チェディクラブ
バリ・ラトゥ・ウブド
カマカラナ・スパ


アクティビティ
海やプールで満喫
マリンスポーツ

シーウォーカー
デイクルーズ
ディナークルーズ
潜水艦/サブマリン
ウォーターボム
マリンウォーク
オーシャン・ラフティング
ドルフィン・ロッジ
ドルフィンとバリ南海岸クルーズ
サーフィン

スポーツ&アクティビティ
ラフティング
エレファント・ライド/象乗り
バリ・サファリ&マリンパーク
ゴルフ
マウンテン・サイクリング
トレッキング&ハイキング
ランド・クルーズ
キャメル・サファリ/ラクダ乗り
バリ・バードパーク
ホースライド/乗馬
バンジー・ジャンプ
気球/バルーン

体験
バリ民族衣装
クッキングクラス/料理教室
スパ・スクール
ディナーショー


帰国日のご提案
バリ島最終日にお勧めのオプショナル


観光ツアー
バリチリ人気ツアー
3,000円均一セール
ウブド観光とオプショナルのコンビネーション


チャーターカー
チャーターカー/カーチャーター

バリハンディーへ行ってみました
ウブド近郊から南へ10分程度に、バリハンディーというアタ製品のワークショップがあります。
アタ製品というと、アジアン雑貨を代表する、アジアな風味が魅力で、お土産にしても喜ばれるし、自分用にお部屋のインテリアとしてもいろいろ購入しておきたいアイテムです。
こちら、バリハンディーでは、材料を切り分けてから籠の形を作り、燻すまでの籠製品の製作工程を、完成まで見ることができます。
籠、バック、コースター、ティッシュボックス、ランチョンマットなど各種デザインやユニークな柄などを使用しています。
品質も良く、良心的な価格なので、ウブドやキンタマーニなどへの通り道ですので、こちらの方面へのお出かけの際にはお立ち寄りになられてはいかがでしょうか。
 ■ まずはショップ店内を物色…。
▲ ゴミ箱…?いい風合いなので、ゴミを入れるのが勿体ない〜!
▲ Rp173,000なので1,500円程度のものです。
▲ 浅くて広い入れ物は、何を入れましょう…?果物とか…?
アタで作られた、いろいろな種類の入れ物がありますね〜。いいですね〜。どれにしようか目移りしますね。確かに日本まで持って帰るとなると、多少かさばりそうですが、やっぱり大き目のカゴには、ちょっと憧れてしまいますね〜。
夏のファッションには欠かせない、カゴバックもいろいろございます。バティックの内布もいろいろあるので、どの形のどのデザインのものにしようか、結構悩んでしまいますが、お値段はそれほどしないので、大人買いしちゃいましょう〜!
所狭しとアタで作られた商品がいろいろと置かれております。
 ■ アタ製品を作っている作業風景を見てみよう!
ショップ脇の工房で、アタ製品を制作する風景を実際に見ることができます。
葦科のアタを使います
こちらが、アタです。葦科(あし科)の植物です。このアタは、季節に関わらず、虫が食わず、丈夫でとても長持ちです。
昔、バリ島ではこのアタを紐に使用していました。
残念だと思った村人はお供え物を置く籠やお盆などを創作し、宗教的にも使われるようになりました。ある日それを見た外国人がそれらを見て買い求め、世界中にだんだんと有名になりました。
ツルを編みこんでいきます
籠の模様になっている黒い部分はアタの根の部分を使用し、薄い色の部分は茎の部分を使用して、バリ島の独特の模様を作り出しています。アタのツルは根元に行くほど太くて、先にいくほど細いという特徴もありますので、一本の太さを均一にするために、大きさの異なる穴がいくつか開いているビンのキャップに、ツルを通して太さを揃えます。
太いツルと細いツルを編み込んでいきます。
編み上がると1週間の天日干し
こうして編み上がったものを、1週間天日干しします。
バリ島の熱い太陽の光をガッツリと浴びると、もともと若い緑の色をしたアタ製品が、しっかり小麦色に変わり、丈夫になります。
写真の手前が、干し初めて間もないゴミ箱です。右手に持ってるコースターは、1週間経過したものです。確かに色も違うし、固さも違うように見えますね…。お日様パワーあっぱれですねー。
24時間いぶします
その後、24時間かけて、専用の窯でゆっくり燻します。
燃料は、ジャックフルーツの木を細かく砕いたものを使用します。
編み込んだアタ製品たちを並べてじっくりスモークです。
窯は、スモークハムやスモークチーズなどを思い出してしまいそうな、良い香りが漂います。
この行程を経た後は、艶も強度も増して、しっかりとしたアタ製品となるのです。
仕上げで最後のチェック!
その後、爪切りやブラシを使って表面を整え、最後に手提げや内布などの装飾が必要な物を付ければ、完成となります。
 ■ 世界中からのオファーで大忙しです
▲世界中のバイヤーからバリハンディーは受注しております。
▲そして、これまでの購入者の方が書き残して行った、オススメのコメントです。
 ■ バリチリオフィスも買っちゃいました〜!
バリチリオフィス用のキャッシュトレイを購入しちゃいました〜!
しっかり丈夫にできているので、気に入りましたよ♪

BALI HANDYへ行ってみよう!
バリチリのカーチャーターをご利用頂く場合、道に迷わずスムーズにご案内いたします!

● ワークショップT(上記ご紹介のお店)
add: Jl, Raya Lod Tuduh, br. Silungan, Ubud
tel: 0361-7985682, 7965929
fax: 0361-428185

● ワークショップU(アタ製品の産地、トゥガナンにある工房兼ショップ)
add: Br. Gumung, Teganan, Kec, Manggis, Karangasem
tel: 0361-2394-3829



ホームバリ島 見る>バリハンディー
| バリチリホーム | ホテル・ヴィラ | スパ・エステ | 観光ツアー | オプショナル | コミュニティ | 食べる | 見る | 買う |
| お問い合わせ | 会社概要 | プライバシーポリシー | Copyright (C) 2005-2006. バリチリ All rights reserved.