バリ島現地旅行会社 バリチリ  バリ島旅行のホテル・ヴィラ・スパ・エステ・オプショナルツアー予約 | ご予約 | お問い合わせ | サイトマップ |
www bali-chili
ホーム ホテル・ヴィラ スパ・エステ 観光ツアー オプショナル コミュニティ 食べる 見る 買う
ホームバリ島見る>オウル・ハウス
お問い合わせ
ご予約
ご予約の手順
よくあるご質問
【バリ島オプショナル】

スパ・エステ
ヌサドゥア・タンジュンブノアエリア
ザ・スパ・アット・ザ・バレ
カユマニス・ヌサドゥア・スパ
ジ・アムルタ
タラソ・バリ
デーハー・スパ
フランジパニ・エステティックス
マンダラ・スパ・ニッコー
スパッション
クリヤ・スパ
トヤ・スパ
ルメードゥスパ
アヨディアスパ・バイ・マンダラ
タマンサリ・ロイヤルヘリテイジ・スパ
ロイヤル・バリニーズスパ

ジンバラン

バンブースパ・バイ・ロクシタン
テルムマラン・バリ
スパ・オンザ・ロック
カユマニス・ジンバラン・スパ
クイーンローズ・スパ
シエスタ
ラヴィ
アロマトーク・アラムジンバラン
ロータス・クラブ
クンティ・バリ・スパ

クタ・レギャン
ダラ・スパ
テタ・スパ・バイザ・シー
レイ・ウェルネス・スパ
パドマスパ・バイ・マンダラ
タラガ・スパ
ジャムー・トラディショナル・スパ・アラムクルクル
エステティック・ヴィラ・ m&k
バリ・ラトゥ・ティアラ

スミニャック
プラナ・スパ
スパ・アイル
リュクス・ラウンジスパ
スパ・アット・ザ・アマラ
ディシニ・スパ
タマン・メラ・スパ
スパ・ザ・レギャン

サヌール
プリ・エステティック
カユマニススパ・アット・ザ・ガンサ
ジャムートラディショナル・スパ・タンジュンサリ
スパ・アット・バリハイアット

ウブド
スパ・アット・マヤ
スパ・アリラ・アリラウブド
カユマニス・ウブド・スパ
マンゴーツリースパ・バイ・ロクシタン
スジャティ・スパ
ワカ・デ・ウマ・スパ
ザ・ルンバ・スパ
ロイヤルキラーナ・スパ&ウェルネス
デ・ウブド・スパ
スパ・チェディクラブ
バリ・ラトゥ・ウブド
カマカラナ・スパ


アクティビティ
海やプールで満喫
マリンスポーツ

シーウォーカー
デイクルーズ
ディナークルーズ
潜水艦/サブマリン
ウォーターボム
マリンウォーク
3アイランド・デイクルーズ
ドルフィン・ロッジ
ドルフィンとバリ南海岸クルーズ
サーフィン
オーシャンウォーカー

スポーツ&アクティビティ
ラフティング
エレファント・ライド/象乗り
バリ・サファリ&マリンパーク
ゴルフ
マウンテン・サイクリング
トレッキング&ハイキング
ランド・クルーズ
キャメル・サファリ/ラクダ乗り
バリ・バードパーク
ホースライド/乗馬
ATVライド
バンジー・ジャンプ
気球/バルーン

体験
バリ倶楽部/Oji
バリ民族衣装
クッキングクラス/料理教室
スパ・スクール
ディナーショー
レストラン予約


帰国日のご提案
バリ島最終日にお勧めのオプショナル

早朝便着後のご提案
GA887便ご利用の方必見プラン

観光ツアー
バリチリ人気ツアー
3,000円均一セール

チャーターカー
チャーターカー/カーチャーター

クルッとしたまん丸の目が印象的な、愛くるしいふくろうの絵。ふと目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。絵の作者は、バリ島ウブド在住のワヤン・シーラさん。ふくろうをテーマに絵を描き続けているふくろう画家さんです。

シーラさんは、もう10年も前から、ご自宅を「オウル・ハウス」(ふくろうの家)と名付けて、訪れる人を迎えておられますます。

「あの絵を描いた人に会える!」「でも、急に訪ねて、大丈夫なのかな、迷惑にならないかなあ・・・?」 
どきどき、わくわくしながら向かいます。
*写真の絵は「妹へ」と題した2006年のシーラさんの作品です。 
http://homepage1.nifty.com/owlhouse622/html_j/06.htm#photo



ビスマ通りの入り口から、 どんどん進んでいき、道路の舗装がなくなった少し先に、 Owhl house の看板が見えてきました・・・
看板に沿って、細い道を進んでいきます。3、4軒目目が、 Owl House ! 「こんにちは!」犬の鳴き声で、シーラさんが迎えに出てきてくれました。



シーラさんの自宅兼スタジオ。 中に入ると、これまでのシーラさんの絵がぎっしり。その他に、ふくろうグッズもたくさんで、それを見るだけでも楽しい! こちらは、シーラさんがふくろうの絵を描くきっかけになった小さな友人からの大切な絵。
シーラさんの絵は、こちらで購入することも可能。自らすすんで、サインを入れてくれるシーラさん。 描きかけの絵を見せてくれました。この絵のモチーフはミモザ。ミモザの花が画面いっぱいに。



 Talk with Sila san 
シーラさんは、バリ島ウブドのプリアタン村の生まれ。以前は、普通にバリの踊り子や物語などをモチーフにした古典スタイルの絵を描いていたそうです。
ふくろうの絵を描くようになったのは、シーラさんの親しいお友だちから頼まれたのがきっかけ。
ふくろうが大好きなそのお友だちの息子さんのために、絵本の挿絵として描いたのが初めだそうです。

以来、シーラさんは、バリ島の古典スタイルの技法を用い、ふくろうを描き続けています。「わたしは、ふくろうを鳥として描いているのではありません」と言う通り、シーラさんは、ふくろうとそれを取り囲む森や花で、シーラさんのテーマを表現しています。シーラさんの絵で共通しているのは、どれも愛情豊かで、思いやりにあふれ、見る者の心をほっと和ませてくれること。
そんなシーラさんの絵には、日本にもたくさんのファンがいます。「絵を見にきてくれる人たちと話したい!」という思いから、シーラさんは日本語を勉強。今では、普通に日本語で会話ができるまでに。ゆっくりと、静かに話すシーラさん、優しい人柄が伝わってきます。

たくさんの木々と花々にあふれたシーラさんの小さな庭を眺めながら、シーラさんと話していると、そこがまるで、シーラさんの描く絵の世界と重なってみえてきました。つぶらな瞳のシーラさんは、さながらシーラさんの描く愛くるしいふくろうかも。



テラスでは、シーラさんのおともだちがミニふくろうの置物にに絵付中。

シーラさんの最新作のモチーフ、ミモザの花にちなんで、ふくろうのお腹にはミモザが。
シーラさんが2010年に来日の際には、このミニふくろうがおみやげとして配られるとか!?
さて、お庭にもふくろうが。ある時、庭の石を見ていると、それがだんだん2匹のふくろうに見えてきたとか。
そこで、やおら作りはじめてできたのが、こちら。絵画だけではなく、石彫りもできてしまうとは・・・。

その他にも、ご自宅には、シーラさんお手製のものがちょこちょことあります。そこにあるものを利用して、なにげなく作ってしまう。生活者としても優れているシーラさんにとっては、絵を描くことも、そんな気負うことのない自然体な生活の一部のようです。
だから、いつ誰が訪れても大丈夫。「せっかく絵を描いてたのに〜邪魔された〜」なんてことはないのでした。お散歩中、もし、「Owl house」の看板を目にしたら、気軽に訪ねてみてください。



 Owl House Information
Address: Jl. Bisma, Ubud, Bali (ビスマ通りにあるコマネカ・ビスマの手前に小さな看板あり)
Tel: 0361-977649
Open Hours: 10:00-17:00  
Holiday: 不定休
Home Page: http://www.ow1622.com  




ホームバリ島見る>オウル・ハウス
| バリチリホーム | ホテル・ヴィラ | スパ・エステ | 観光ツアー | オプショナル | コミュニティ | 食べる | 見る | 買う |
| お問い合わせ | 会社概要 | プライバシーポリシー | Copyright (C) 2005-2006. バリチリ All rights reserved.