バリ島現地旅行会社 バリチリ  バリ島旅行のホテル・ヴィラ・スパ・エステ・オプショナルツアー予約 | ご予約 | お問い合わせ | サイトマップ |
www bali-chili
ホーム ホテル・ヴィラ スパ・エステ 観光ツアー オプショナル コミュニティ 食べる 見る 買う
ホームバリ島見る>ブラット・ワンギ / マサコ石鹸
お問い合わせ
ご予約
ご予約の手順
よくあるご質問
【バリ島オプショナル】

スパ・エステ
ヌサドゥア・タンジュンブノアエリア
ザ・スパ・アット・ザ・バレ
カユマニス・ヌサドゥア・スパ
ジ・アムルタ
タラソ・バリ
デーハー・スパ
フランジパニ・エステティックス
マンダラ・スパ・ニッコー
スパッション
クリヤ・スパ
トヤ・スパ
ルメードゥスパ
アヨディアスパ・バイ・マンダラ
タマンサリ・ロイヤルヘリテイジ・スパ
ロイヤル・バリニーズスパ

ジンバラン

バンブースパ・バイ・ロクシタン
テルムマラン・バリ
スパ・オンザ・ロック
カユマニス・ジンバラン・スパ
クイーンローズ・スパ
シエスタ
プトゥリ・アユ・スパ
ラヴィ
アロマトーク・アラムジンバラン
ロータス・クラブ

クタ・レギャン
ダラ・スパ
テタ・スパ・バイザ・シー
レイ・ウェルネス・スパ
パドマスパ・バイ・マンダラ
タラガ・スパ
ジャムー・トラディショナル・スパ・アラムクルクル
エステティック・ヴィラ・ m&k
バリ・ラトゥ・ティアラ

スミニャック
プラナ・スパ
スパ・アイル
リュクス・ラウンジスパ
スパ・アット・ザ・アマラ
ディシニ・スパ
タマン・メラ・スパ
サロン&スパ・キュア(スタジオ5)
スパ・ザ・レギャン

サヌール
プリ・エステティック
ルバブ・スパ・アット・ザ・ガンサ
ジャムートラディショナル・スパ・タンジュンサリ
スパ・アット・バリハイアット

ウブド
スパ・アット・マヤ
スパ・アリラ・アリラウブド
カユマニス・ウブド・スパ
マンゴーツリースパ・バイ・ロクシタン
スジャティ・スパ
ワカ・デ・ウマ・スパ
ザ・ルンバ・スパ
キラーナ・スパ
デ・ウブド・スパ
スパ・チェディクラブ
バリ・ラトゥ・ウブド


アクティビティ
海やプールで満喫
マリンスポーツ

シーウォーカー
デイクルーズ
ディナークルーズ
潜水艦/サブマリン
ウォーターボム
マリンウォーク
オーシャン・ラフティング
バリ・ドルフィン(ドルフィンロッジ)
ドルフィンとバリ南海岸クルーズ

スポーツ&アクティビティ
ラフティング
エレファント・ライド
バリ・サファリ&マリンパーク
ゴルフ
マウンテン・サイクリング
トレッキング&ハイキング
ランド・クルーズ
キャメル・サファリ
バリ・バードパーク
パラグライディング
バンジー・ジャンプ
気球/バルーン

体験
バリ島文化体験
バリ民族衣装
クッキングクラス/料理教室
スパ・スクール
ディナーショー


帰国日のご提案
バリ島最終日にお勧めのオプショナル


観光ツアー
バリチリ人気ツアー
3,000円均一セール
ウブド観光とオプショナルのコンビネーション


チャーターカー
チャーターカー/カーチャーター


日本ではMASACO石鹸の名前で
知られているバリ島ウブド発のココナッツ石鹸。
製造元は、ブラット・ワンギ社で、MASACO石鹸をはじめ、
OEM(Original Equipment Manufacture)の石鹸が何種類かあります。

ブラット・ワンギの石鹸の特徴は、きめ細やかな泡立ちと、泡切れのよさ。
お肌をしっとりと洗い上げてくれます。

発売以来、
変わらず愛用され続けている
ブラット・ワンギの魅力をご紹介します!


ブラット・ワンギの工房へ 見渡す限りの田んぼ 工房の倉庫で乾燥中
ウブドの人気ホテル、マヤ・ウブドへ行く途中にブラット・ワンギの看板を発見しました!
車を降りて、あぜ道を入っていくと、目の前には田んぼが広がります。
そんな田園の中に、ブラット・ワンギの工房がありました。早速、工房の中にお邪魔しました。これは、石鹸を熟成させている棚です。
熟成中の石鹸 熟成中の石鹸その2 全てが手作業
型から取り出され、カットされた石鹸は、約1ヶ月もの間、風通しのよい場所で、熟成されるのです。
十分、熟成されることによって、滑らかな泡立ちの石鹸が生まれます。
出来上がった石鹸は、ひとつひとつ薄紙と包装紙で包まれ、ラベルが貼られます。包装も全て手作業です。
熟練の技 口も手も動く! 包装終了!
10人ほどの女の子たちが慣れた手つきで、石鹸を包装しています。彼女たちが石鹸の製作も担当しています。
何種類もある石鹸ですが、匂いをちょっとかぐだけで、すぐにどの石鹸か分かるのはさすが!です。時々、おしゃべりしながらも手は素早く動いております。
包装が終わった、石鹸たち。あとはラベルを貼るだけ。
できたて、ほやほや 販売スペース 工房だけのオリジナル
一つ一つ、丁寧ラベルが貼られ、出荷を待つばかりになりました。やっと、ここまでたどり着いた、という感じです。
工房の2階では、気に入った石鹸を選んで、購入することができます。お店で品切れになっていたものも、ここなら手に入るかも・・?
工房ではお買い得価格の切り落とし石鹸や、製造過程で出るフレーク状の石鹸をお洗濯用としてコストプライス以下で購入できます。これは、バリ島で安全な石鹸でのお洗濯を広めたいという、まさこさんの思いからです。



ブラット・ワンギの工房で、ココナッツ石鹸の産みの親である、まさこさんにお会いすることができました。ご多忙のところ、快く、インタビューに答えてくださいました。ブラット・ワンギの石鹸のように、ナチュラルで、凛とした素敵な方で、こちらも背筋が伸びる思いでした。
手作りの石鹸を作ることになったのはどうしてですか?
1994年に縁があって、バリの人と結婚し、バリ島に住むようになりました。家から見えるココナッツの木を眺めながら、子供の頃に漠然と憧れていた「南の島のココナッツ石鹸」がここなら作れると思ったのがきっかけです。ただ、バリ島に最初に来たの90年初頭から、ココナッツ石鹸を探していましたが、私の探した限りでは、まだバリ島にはココナッツ石鹸はありませんでした。日本でも手作りの石鹸についての文献は少なく、Amazon.comで、石鹸作りに関するアメリカの本を20冊ほど取り寄せて、石鹸を作ることにしました。
英語の文献とは・・・英語は得意だったんですか?
実は、私は欧米の文化のほうに興味があって、英語も好きでした。バリ島に来たのは、インドネシアに興味のある友人に誘われて、何となく・・という感じだったんです。
石鹸作りのほうは、最初からうまくいったのですか?
それが、割とすぐにうまく作れたのです。ただ、どうしても解決しない疑問点が一つだけありました。そんな時、ガイドブックのロンリープラネットのミクロネシア編を読んでいたら、チュック島(旧トラック)にココナッツ石鹸工場があり見学できる、という小さな記事が目に留まりました。それを読んだら、いてもたってもいられず、ちょうどコンチネンタル航空のマイレージがあったこともあり、旅行を兼ねて、チュック島に飛びました。
すごい行動力ですね。そこで、疑問は解決したのですか?
チュック島のその石鹸工場では、疑問は解決しませんでした。ところが、帰りに立ち寄った、グアム島の図書館で、ココナッツ石鹸に関する資料を探していたところ、そこの司書の方が、グアムの有名なココナッツ石鹸会社の社長さんを紹介してくれたのです。その工場を訪問させていただき、その工場の化学者の方に質問をして、私の疑問は解決しました。また、その方に私の作った石鹸のレシピを見ていただいたところ、問題ないと太鼓判をいただきました。
まさこさんのココナッツ石鹸は、最初に作った時から、専門家から見ても既に非のうちどころのないものでした。試行錯誤の結果、今のブラット・ワンギがあるのだと思っていたので、最初に作られたときから、完成度の高いものができていたということに驚きました。それまで、全く、石鹸を作ったことがないとのことですから、本当にすごいです。まさこさんはさらりとお話しになっていましたが、英語の文献を読み、研究されたことだと思います。
石鹸の販売はどんなふうにして始まったのですか?
ココナッツ石鹸は当初、作ることが目的で、販売するということは全く考えていませんでした。出来上がった石鹸は、友人や知人にあげたりしていたのですが、とても評判がよく、ある時、友人から委託販売してみたら?という話しがありました。そんな方法もあるんだな、という感じで、ウブドにあるお店に置かせてもらったのが販売のきっかけです。
なるほど。販売目的でなかったから、戸惑うこともあったかと思います。
私自身は、今も表に出ることは苦手です。私の代わりに、石鹸自身が、広告になり、宣伝になっているように思います。
今では、ブラット・ワンギの石鹸は、バリ島内での販売はもちろんのこと、国外への輸出も多いそうです。日本ではJALの機内販売、東急ハンズなどで購入できますし、意外なところでは、有名な温泉旅館でも利用されているそうです。ブラット・ワンギの石鹸を使っている温泉旅館。なんだか、それだけで泊まってみたくなってしまいます。
ブラット・ワンギの石鹸は、本当にたくさんの種類があって、選ぶのに迷ってしまうのですが、まさこさんのお勧めはどれですか?
そうですね。オレンジ&ライスブランはメイクがすっきり落ちる自信作です。それから、カナンガというのは、とても珍しいので、試してみてください。あとは、バニラやカカオバターもお勧めです。
早速、オレンジ&ライスブランを使ってみたところ、泡が肌につく、吸着力が他の石鹸よりも強いように感じました。なるほど、メイクもさらりと落ちました。メイク落としを使わずとも、1度で、メイクが落ち、肌にはしっとり感が残りました。
最後に、まさこさんのウブドでのお気に入りのレストランやホテル、スパなどを教えていただけませんか?
レストランは、ノマドが美味しいですね。あと、最近、行ってよかったので、続けて行ったのが、スペースコロニー。ホテルは、ワカデウマなんかが好きですね。スパは、街スパにしか行かないのですが、ジェラティック、アーユルヴェーダがお手頃な価格でできる、ベジ・アユ、あとは近いので、サロン・リンドゥーにもよく行きます。ジェラティックは、マミーさんというスタッフのフェイシャルがすごくよくて、私はいつもマミーさんを指名しています。それから、サヌールのインティのクリームバスも好きです。石鹸で洗髪をした後、ココナッツクリームにハイビスカスの葉などを調合した手作りのクリームでヘッドマッサージをしてくれるんですよ。
美容についても詳しいまさこさんのお勧めのスパ、ぜひ試してみたいです!本日はお忙しいところ、お時間をいただきまして、本当にありがとうございました。
まさこさんのお話を伺っていて、ブラット・ワンギのココナッツ石鹸は、自然の流れで、でもあるべくして今ここにあるんだな、ということを感じました。そして、めぐり合わせで、こんな素敵な石鹸が使えるということを嬉しく思いました。これから、ますます、ブラット・ワンギの石鹸が楽しめそうです。


ブラット・ワンギの使用感について、ユーザーの皆さんからいただいた感想。他にも私は、こんな使い方をしている、というのがあればどしどしご連絡ください!


埼玉 M.Sさん
ブラット・ワンギの石鹸のことは、何となくは知っていましたが、購入する機会はありませんでした。つい最近、ウブドのスーパーで購入できることを知り、お土産にとまとめ買いしました。

早速、自分でも使用してみたところ、泡のきめ細かさ、泡切れ、洗い上がりの保湿感など、噂通りでした。文章ではありきたりですが、使ってみれば、クオリティーの高さはすぐに実感でき、「長く使ってみたいなー」なんて思ってしまいます。特に、贅沢にあわ立てて、体中にぬりまくると、たいへん気持ちよいです。ただ、石鹸の減りが早くなります。

また、ブラット・ワンギの素朴な包装は見飽きることなく、長くお付き合いできる感、満載です。今日もバスタイムにお気に入り石鹸があるとゆうことはちょっぴり楽しみです。



三重 K.Mさん
ブラット・ワンギは、最初の購入の段階から楽しめてしまいます。というのも、種類が豊富で、一つ一つの香りも、効能も異なっているからです。私はいつも鼻をくんくんさせて、包装紙の上からほのかに漂う香りを確認して、好みの物を購入しています。しかもハニーや、ヨーグルト、オレンジなどの香りは、女性のツボを押さえており、胸をときめかされてしまいます。でも、なかなか一つに決めるこが出来ずに、結局、たくさん購入することになるのですが・・・。

南国の恵みを十分に受けた材料で、一つ一つ手作業で丁寧に作られたココナッツソープは、きめ細かくてクリーミーな泡が簡単に立ち、それでいて泡切れもよく、さっぱりとして、モチモチの肌感を実感できます。お風呂上りには、全身がほのかな香りに包まれとても心地よいのです。

シャンプーとしてや、洗顔にも適しているとの事なので、今使っている物が終わったら、是非そちらも使用してみたいと思っています。



滋賀 U.Cさん
私は、ブラット・ワンギの「自然な香り」が好きで、まとめ買いをして、それをクローゼットや、車の中、かばんの中などに入れて、石鹸を使う前から楽しんでいます。引き出しやかばんを開ける度に、ほんのりとよい香りがし、ほっとします。

お気に入りは、チュべローズ(スダップ・マラム)。アリラ・ウブドに宿泊した時、ロビーやプールでよい香りを放っていたので、これを見つけた時は迷わず購入しました。

今度は、香料を加えていないココナッツ・クリーム・ソープで、ココナッツ本来の香りを試してみたいと思っています。


ブラット・ワンギの石鹸は、好きな香りで選ぶもよし、効能で選ぶもよし。石鹸選びの参考に、2007年現在、販売されているメニューをご紹介いたします。今後、変更になることもありますが、ご参考まで。
このココナッツ石鹸はココナッツの実の果肉から採ったココナッツオイルをベースに手作業による昔ながらの製法で作られています。グリセリンをたっぷり含むきめ細やかな泡立ちの純石鹸で、お肌の過敏な方にもお使いいただけます。
香料を加えていない、まるごとココナッツの石鹸。ほのかにココナッツの香りがします。
インドネシアに咲く花、ジャスミン、蓮、月下香(テユベローズ)、薔薇の花のフレグランスをそれぞれ配合しました。優しい香りをお楽しみ下さい。
カナンガは20mまでに成長する木で、バリ島ではお供え物に欠かせない芳しい花を咲かせます。このエッセンシャルオイルは保湿性が高く、お肌を滑らかに柔らかくします。不思議な甘い香りはアロマテラピー効果が高く、精神のバランスを整えます。
ペパーミントエッセンシャルオイルの爽やかな香りで、お肌と気持ちをリフレッシさせます。抗菌性があり、にきび、吹き出物、老廃物の詰まったお肌に良く、抵抗力を高めます。
芳香性熱帯草木のシトロネラのエッセンシャルオイルは脂性肌を清浄にします。虫よけ効果もあります。
抗菌性が高いクローブのエッセンシャルオイルを配合。インドネシアのたばこを思い起こす深く渋い香りが魅力です。
ほんのりと漂うヴァニラの香りには精神の高揚を静め、精神のバランスを保つ働きがあります。
ココナッツミルクのフレグランスの甘い香りと柔らかな洗い心地の良さをお楽しみ下さい。
甘い香りを放つフランジパーニ(プルメリア)、チュンパカのフレグランスをそれぞれ配合しました。南国の香りをお楽しみ下さい。
特に敏感肌の方におすすめなオレンジエッセンシャルオイルとスンバワ島の純正蜂蜜の組み合わせの石鹸。お肌を保護する働きがあります。
沈静と活性化の効果を持つナツメグのエッセンシャルオイルとパウダーを配合したスパイス王国インドネシアならではの石鹸です。
バリ島の有機栽培のお米からとれた良質の米ぬかには酵素や保湿成分のオリザブランがたっぷり含まれており、古くなった角質や汚れを落として、お肌を健やかに保ちます。オレンジのエッセンシャルオイルを配合することで、清々しい香りとともに、お肌の再生力を高め、うるおいを与えます。お化粧もすっきり洗い落とします。
オレンジ&シナモンの甘くスパイシーな香りが魅力の軽いスクラブ効果のある石鹸です。かさついたお肌におすすめです。
身体を暖めるジンジャーとお肌をいたわるフレッシュなオレンジのエッセンシャルオイルを配合した石鹸です。
保湿効果が高くお肌のきめを整える黒砂糖を配合しました。
古くなった角質を取り去るパウパウ(パパイヤ)のパパイン酵素をたっぷり含んだオレンジの香りのフルーツ入りココナッツ石鹸です。
お肌のきめを整えるヨーグルトを配合した爽やかなオレンジの香りの石鹸です。日焼け後のお肌に特におすすめです。
保湿成分の高いジャワ島の最高級カカオバターを石鹸生地にたっぷりと配合しました。しっとりした質感と天然のほのかな甘い香りをお楽しみ下さい。
ココナッツの果肉のフレークの入った甘い香りのココナッツ石鹸にさまざまな香りの石鹸をちりばめたココナッツケーキのような石鹸です。パンダンの葉で編んだ素朴な籠入りです。
洗髪用ココナッツ石鹸、シャンプーバーはバリ島で古くから洗髪に使われてきたハーブを配合しています。豊かな香りときめ細やかな泡立ち、泡切れの良さが特長です。100%天然素材で出来ている為、痛みやすい髪と地肌を優しく洗い上げます。
なおリンスには洗面器に1リットル位のお湯を入れ、小さじ2杯程度のクエン酸または、少量のレモン汁を溶いて濯ぐ方法か、市販の石鹸シャンプー用のリンスのご使用をお勧めします。また全身用の石鹸としてもお使いいただけます。
深く渋い香りが特徴のパチュリーはインドネシア原産のしそ科のハーブで、髪にこしと弾力を与え、しなやかにします。
髪をつややかにし、気分をリフレッシュさせるハイビスカスの葉から抽出した成分と殺菌効果の高いペパーミントのハーブとエッセンシャルオイルを加えました。



ブラットワンギ(マサコ石鹸)の工房へは、バリチリがご案内いたします!
ちょっと分かり辛いブラットワンギへも、バリチリのプライベートカーで行くカーチャーターなら、ラクラク簡単に訪れて頂けます!

→ 大好評で、人気のバリチリカーチャーター




ホームバリ島見る>ブラット・ワンギ / マサコ石鹸
| バリチリホーム | ホテル・ヴィラ | スパ・エステ | 観光ツアー | オプショナル | コミュニティ | 食べる | 見る | 買う |
| お問い合わせ | 会社概要 | プライバシーポリシー | Copyright (C) 2005-2006. バリチリ All rights reserved.