バリ島現地旅行会社 バリチリ  トゥカッド・チュプンの滝 | ご予約 | お問い合わせ | サイトマップ |
www bali-chili
ホーム ホテル・ヴィラ スパ・エステ 観光ツアー オプショナル コミュニティ 食べる 見る 買う
ホーム観光名所>トゥカッド・チュプンの滝
お問い合わせ
ご予約
ご予約の手順
よくあるご質問
【バリ島オプショナル】

スパ・エステ
ヌサドゥア・タンジュンブノアエリア
ザ・スパ・アット・ザ・バレ
カユマニス・ヌサドゥア・スパ
ジ・アムルタ
タラソ・バリ
フランジパニ・エステティックス
マンダラ・スパ・ニッコー
スパッション
クリヤ・スパ
トヤ・スパ
アヨディアスパ・バイ・マンダラ
タマンサリ・ロイヤルヘリテイジ・スパ
ロイヤル・バリニーズスパ

ジンバラン

バンブースパ・バイ・ロクシタン
テルムマラン・バリ
スパ・オンザ・ロック
カユマニス・ジンバラン・スパ
クイーンローズ・スパ
シエスタ
ラヴィ
オーラスパ
ロータス・クラブ
クンティ・バリ・スパ

クタ・レギャン
ダラ・スパ
テタ・スパ・バイザ・シー
レイ・ウェルネス・スパ
パドマスパ・バイ・マンダラ
タラガ・スパ
ジャムー・トラディショナル・スパ・アラムクルクル
エステティック・ヴィラ・ m&k
バリ・ラトゥ・ティアラ

スミニャック
プラナ・スパ
スパ・アイル
スパ・アット・ザ・アマラ
ディシニ・スパ
タマン・メラ・スパ

サヌール
プリ・エステティック
カユマニススパ・アット・ザ・ガンサ
ジャムートラディショナル・スパ・タンジュンサリ

ウブド
スパ・アット・マヤ
スパ・アリラ・アリラウブド
カユマニス・ウブド・スパ
マンゴーツリースパ・バイ・ロクシタン
スジャティ・スパ
ワカ・デ・ウマ・スパ
ザ・ルンバ・スパ
ロイヤルキラーナ・スパ&ウェルネス
デ・ウブド・スパ
バリ・ラトゥ・ウブド
カマカラナ・スパ


アクティビティ
海やプールで満喫
マリンスポーツ

シーウォーカー
デイクルーズ
ディナークルーズ
潜水艦/サブマリン
ウォーターボム
マリンウォーク
オーシャン・ラフティング
ドルフィン・ロッジ
ドルフィンとバリ南海岸クルーズ
サーフィン
オーシャンウォーカー

スポーツ&アクティビティ
ラフティング
エレファント・ライド/象乗り
バリ・サファリ&マリンパーク
ゴルフ
マウンテン・サイクリング
トレッキング&ハイキング
ランド・クルーズ
キャメル・サファリ/ラクダ乗り
バリ・バードパーク
ホースライド/乗馬

体験
バリ民族衣装
クッキングクラス/料理教室
ディナーショー


帰国日のご提案
バリ島最終日にお勧めのオプショナル


観光ツアー
バリチリ人気ツアー
ウブド観光とオプショナルのコンビネーション


チャーターカー
チャーターカー/カーチャーター

トゥカッド・チュプンの滝 
Air Terjung Tukad Cepung

バンリを流れる清流、チュプン川の滝。もともと地元のバリの人にはお浄めの場所として利用されていたが、近年、欧米の観光客を中心に訪れる人が多くなっている。

■トゥカッド・チュプンの滝の入り口に到着
バンリの市街地から15分ほど緑の木々が続く道を走って到着。道路脇に小屋があって、こちらでお布施を払います(現在のところ、入場料は定められておらず、お布施ということになっています)。到着した時は天気もよくハイキング気分で滝までの道を下っていきました。
最初のうちは歩きやすく、周りの景色を眺めたり、道の脇を流れる水路を見ながら、グヌン・カウィに行く道中を思い出したりして余裕でした。

早速、休憩
7,8分ほど過ぎたばかりですが、途中にあったワルンで休憩。揚げ物をする油の音がするので覗いてみると、バナナの天ぷら(ピサン・ゴレン)とお豆腐の中に野菜を詰めたもの(タフ・イシ)が。早速、熱々のピサン・ゴレンをほおばります。
人のよいワルンのおばさん。ふだん、人物評価の厳しいなっちゃんからも、「目が綺麗で優しそう」とのコメントが。おばさんの話では、おばさんは地元の人で、半年ほど前からここでワルンを始めているのだそうです。つまりその少し前ぐらいからこの滝を訪れる人が増えてきた、ということなのでしょう。毎朝、4往復して家から飲物やお菓子を運んでくるのだそうです。そして夕方になるとまた4往復して飲物やお菓子を引き上げるのだそうです。大変な思いをして運んできた飲物ですが、観光地価格ではなく、普通に町で買うのと同じ値段で販売されていました。

先に進みます
思いのほかゆっくりと、ワルンで休憩してしまったのですが、それでは先に進みましょう。チュプン川の水は田んぼにも流れており、スバックというバリ島の伝統的な水利システムで管理されています。
ワルンを出てからは平らな道が続いていたのですが、木でできたこの橋を渡った後から・・・
地形が一変し、滝までは急降下の道が続きます。それでも最初のうちは地面が乾いていたのでよかったのですが、滝に近づくにつれ水が沁みだし、滑りやすくなります。
最後のほうは手摺もなく、手で岩肌をつかみながら、ゆっくりと降りていきます。うっかりビーチサンダルで来てしまったのですが、サンダルは滑りやすいので注意が必要です。なっちゃんはこわい、こわいと、ここでリタイア。が、しかし、大ちゃんは臆することなく先頭でさっさと行ってしまいました。さすが、毎日外で遊んでいるだけある・・・ちなみに地元っ子らしき子供たちも裸足でするすると降りていきます。

やっと、下に到着
運動不足の大人たちはどうにか、こうにか下まで降りてくることができました。ここで、ザーッと雨が降ってきました。このポイントから右に行くと滝があり、左に行くと地元の人がお浄めやお祈りをする場所があります(雨が降ってきたため、そちらに気が向かず写真が撮れませんでした)。
ざぶざぶと水の中を進んでいくと、滝が見えてきました。やっぱりビーチサンダルでよかったのかな。運動靴で来たら滝まで下りてくるのには安全ですが、滝に行くにはびしょびしょになってしまう・・・。足がしっかり固定できて、ぬれても大丈夫なサンダルがベストでしょう。
滝の近くは、勢いよく流れ落ちてくる水の音でそれ以外の音がかき消されています。こまなか水しぶきと、マイナスイオンが充満していて空気がきれいで気持ちがよいです。加えて岩穴の中に滝が流れ込んできているかのような神秘的なシチュエーション。心身が浄められる場所です。
バリ島に数ある滝の中でもトゥカッド・チュプンの滝は、水も透明できれいで一見の価値があります。滝までの道は平易ではないため、小さなお子様や年配の方には難しいかもしれませんので、無理はせず十分気を付けて行ってみてください。(取材時:2017年1月)

トゥカッド・チュプンの滝を訪れよう!
バリチリのカーチャーター
トゥカッド・チュプンと合わせて行ける観光地
クヘン寺院
パンリプラン
アンジュンガン・トゥカッド・ムランギット(ATM)

ホーム観光名所>トゥカッド・チュプンの滝
| バリチリホーム | ホテル・ヴィラ | スパ・エステ | 観光ツアー | オプショナル | コミュニティ | 食べる | 見る | 買う |
| お問い合わせ | 会社概要 | プライバシーポリシー | Copyright (C) 2005-2017. バリチリ All rights reserved.