バリ島現地旅行会社 バリチリ  ブドゥグルのバリ植物園とチャンディ・クニン市場の紹介 | ご予約 | お問い合わせ | サイトマップ |
www bali-chili
ホーム ホテル・ヴィラ スパ・エステ 観光ツアー オプショナル コミュニティ 食べる 見る 買う
ホーム観光名所>ブドゥグルのバリ植物園とチャンディ・クニン市場
お問い合わせ
ご予約
ご予約の手順
よくあるご質問
【バリ島オプショナル】

スパ・エステ
ヌサドゥア・タンジュンブノアエリア
ザ・スパ・アット・ザ・バレ
カユマニス・ヌサドゥア・スパ
ジ・アムルタ
タラソ・バリ
フランジパニ・エステティックス
マンダラ・スパ・ニッコー
スパッション
クリヤ・スパ
トヤ・スパ
アヨディアスパ・バイ・マンダラ
タマンサリ・ロイヤルヘリテイジ・スパ
ロイヤル・バリニーズスパ

ジンバラン

バンブースパ・バイ・ロクシタン
テルムマラン・バリ
スパ・オンザ・ロック
カユマニス・ジンバラン・スパ
クイーンローズ・スパ
シエスタ
ラヴィ
オーラスパ
ロータス・クラブ
クンティ・バリ・スパ

クタ・レギャン
ダラ・スパ
テタ・スパ・バイザ・シー
レイ・ウェルネス・スパ
パドマスパ・バイ・マンダラ
タラガ・スパ
ジャムー・トラディショナル・スパ・アラムクルクル
エステティック・ヴィラ・ m&k
バリ・ラトゥ・ティアラ

スミニャック
プラナ・スパ
スパ・アイル
スパ・アット・ザ・アマラ
ディシニ・スパ
タマン・メラ・スパ

サヌール
プリ・エステティック
カユマニススパ・アット・ザ・ガンサ
ジャムートラディショナル・スパ・タンジュンサリ

ウブド
スパ・アット・マヤ
スパ・アリラ・アリラウブド
カユマニス・ウブド・スパ
マンゴーツリースパ・バイ・ロクシタン
スジャティ・スパ
ワカ・デ・ウマ・スパ
ザ・ルンバ・スパ
ロイヤルキラーナ・スパ&ウェルネス
デ・ウブド・スパ
バリ・ラトゥ・ウブド
カマカラナ・スパ


アクティビティ
海やプールで満喫
マリンスポーツ

シーウォーカー
デイクルーズ
ディナークルーズ
潜水艦/サブマリン
ウォーターボム
マリンウォーク
オーシャン・ラフティング
ドルフィン・ロッジ
ドルフィンとバリ南海岸クルーズ
サーフィン
オーシャンウォーカー

スポーツ&アクティビティ
ラフティング
エレファント・ライド/象乗り
バリ・サファリ&マリンパーク
ゴルフ
マウンテン・サイクリング
トレッキング&ハイキング
ランド・クルーズ
キャメル・サファリ/ラクダ乗り
バリ・バードパーク
ホースライド/乗馬

体験
バリ民族衣装
クッキングクラス/料理教室
ディナーショー


帰国日のご提案
バリ島最終日にお勧めのオプショナル


観光ツアー
バリチリ人気ツアー
ウブド観光とオプショナルのコンビネーション


チャーターカー
チャーターカー/カーチャーター

ブドゥグルのバリ植物園とチャンディ・クニン市場 Bedugul
バリ島南部エリアからは北へ車で2時間30分ほどのところにある小さな町。標高1,500mのため、涼しく避暑地として地元バリの人のみならず、インドネシア国内からの観光客にも人気がある。

●ブドゥグルへの道のり
ブドゥグルへは、南部エリアからだと、途中、バリ島で最も美しいといわれるタマン・アユン寺院、または少し足をのばして、ジャティルイの棚田などを経由して訪れることができます。標高のいブドゥグルは日中でも涼しく、インドネシア人には人気のスポットです。常夏の国、インドネシアでは、「涼しい」ということがとても貴重なのです。寒さに慣れている日本人には涼しくて気持ちよい気温ですが、インドネシアの人にとっては寒いようで、「寒い、寒い」と言いながらも嬉しそうです。よって、週末やインドネシアの観光シーズンになるとたくさんの車や大型バスでブドゥグルへの道が混み合います。
↑ブドゥグルへの道は途中から山道になります。山道を上っていくと、棚田が見下ろせる景色のよいところがあります。パチュンと呼ばれるエリアです。そして、ブドゥグルといえば、忘れてならないのがブラタン湖と湖上の寺院として有名なウルン・ダヌ・ブラタン寺院です。
(写真1) 眼下に広がる広大な景色はすがすがしく、雄大な気持ちにさせてくれます。
(写真2) 景色を眺めるために、駐車するとそこにはルアックコーヒーで有名なじゃこう猫が。(動物と写真を撮るにはお金が要ります)
(写真3) ブラタン湖。バリ島では2番目に大きな湖。南部のタバナン県、バドゥン県などに水を供給しています。
(写真4) 湖上に建つウルン・ダヌ・ブラタン寺院 

●とにかく広い!バリ植物園
ブドゥグルのシンボルトウモロコシの像を過ぎて、見えてくるのがバリ植物園です。広大な敷地は129ヘクタールという広さに2,000種目以上の木や植物が育っています。バリの人たちは、週末に家族や友人たちと訪れる他、学校や職場などで、チームトレーニングや研修、遠足、お別れ会などの行事を催すことも多いです。
バリ植物園の入り口を入ったところ。
入場料はRp18,000(3歳以下は無料)で、車で入場すると別途Rp12,000/車1台となります。(2015年10月現在)
 
(写真1)日本の雑木林を思わせるような木々
(写真2)いろいろな竹が受けられている竹のスペース
(写真3)インドネシアに4,000種以上あるといわれる蘭
(写真4)200種以上のベコニアを集めたベコニアガーデン
*写真2,3,4はバリ植物園のウェブサイトより転載しています

●バリ植物園のパワースポット

そして、入り口からゆっくりと車で10分ほど進み、あたりには人も車もない、ひっそりとしたところにあるガジュマルの巨木。神木として、願が叶う木として、知られています。その大きさと、たたずまいからも、なみなみならぬパワーを感じられ、そこにいるだけで、心身が浄化されるのを感じられることでしょう。

(写真1)下に立っている人と比較してもその大きさがわかります
(写真2、3)いくつかの木がからみあって、1つの木になっています
(写真4)上を見上げると大きく広がった枝が圧巻です

●新鮮な野菜と果物が驚くほど安い!チャンディ・クニン市場
ブラタン湖のすぐ近くにあるのがチャンディ・クニン市場。ブドゥグルエリアで採れた野菜や果物が並んでいます。南部エリアの市場にある野菜と比べると、こちらの市場の野菜は格段に鮮度が違います。朝、採れたものがそのまま並んでいること、気温が低いことから、この鮮度が保たれているのでしょう。そして、値段も安い!市場の売り子さんたちも親切で、もともと安いのに、さらにディスカウントにも応じてくれます。
(写真1)市場の様子。野菜や果物の他、雑貨や小動物なども売られています
(写真2)季節の果物
(写真3)野菜がとにかく色鮮やかで新鮮です
 熟したトマト  色の濃いパプリカ  キャベツ、ニンジン
 イチゴ  サラック  タマリンド
 マンゴ  名物のクルプック スパイス
南部エリアの市場だと、熟す前に収穫された野菜や果物も多いのですが、こちらの市場では、木や畑で熟したものを収穫して、売られているように思いました。ところで、以前は、酸っぱかったイチゴですが、今回、ブドゥグルでいただいたものは、だいぶ甘くなっており、嬉しかったです。果物や野菜と並んでたくさん売られているのがクルップという揚げたおせんべいのようなお菓子(材料はお米ではないのですが)。ブドゥグルのおみやげとして、チョコレートがかかったものが人気です。

ブドゥグルを訪れよう!
バリチリのカーチャーター
ブドゥグルのご感想はこちら!
バリチリのFacebook

ホーム観光名所>ブドゥグルのバリ植物園とチャンディ・クニン市場
| バリチリホーム | ホテル・ヴィラ | スパ・エステ | 観光ツアー | オプショナル | コミュニティ | 食べる | 見る | 買う |
| お問い合わせ | 会社概要 | プライバシーポリシー | Copyright (C) 2005-2015. バリチリ All rights reserved.